注文住宅の標準仕様 ~トイレ編1~

こんにちは!
菰野スタジオサポーターの加納です。

 

皆さま、お盆はいかがお過ごしでしょうか?

 

普段は菰野スタジオにる加納ですが、
前日お盆の為、特別に津ギャラリーに出勤しました。

 

どれも素敵なお家ですが、
やっぱりアーキレーベルは格別ですね!

 

 

ぜひ、足を運んで直接見て頂きたいです!

 

 

さて、本題です。

注文住宅の標準仕様 ~トイレ編~

その前に、

 

今回はタンク付き、またはタンクレス
メリット、デメリットについてまとめました!

 

そもそもタンクとは、

 

トイレ後部にあるこのようなものです。

 

 

タンクの中の水を配管を通して便器に流すことにより、
汚物を下水道へと押し流して処理を行います。

 

そのタンクがないとどうなるの?

 

タンクレスの構造としては、

 

 

洗浄ボタンを押すと、
水道管から直接便器内へ水が流れます。

 

便器上部と便器下部の両方から水を出し、
排泄物を排水管へと流していきます。

 

では、

タンク付きトイレのメリット

・手洗いがセット
・水圧が低くても設置可能
・タンクレスより少し安い
さらに、
停電時に使用可能
なんと言っても、これが最大のメリットだと思います。

タンク付きトイレのデメリット

・掃除がしづらい
・タンクが場所をとる
・連続で水を流せない
・タンクレスと比べデザインが劣りがち

 

 

相反する内容にはなりますが、

タンクレストイレのメリット

・トイレ室内がすっきりする
・掃除が簡単
・見た目が良い
・水を連続で流すことが可能

タンクレストイレのデメリット

・手洗いが別に必要
・水圧によっては設置不可
・停電時には使いづらい
・ウォシュレット部分の交換ができない

 

 

これらが多く聞かれると思います。

 

タンクレスのサイズ感として、

 

 

タンク付きトイレより、
高さは30cm前後、奥行は10cm前後
トイレ空間に広がりを与えてくれます。

 

さらに、シンプルなデザインが多く、
すっきり見せてくれる効果があります。

 

ハウスクラフトでは
タンクレスのトイレを標準仕様としています。

 

具体的な商品説明は、次回させて頂きます!

 

では、残りのお盆休みを楽しんで下さい〜♫