• 工務店が教える住宅の知識
上田 高彰

よくある質問【耐震等級の続き①地震に強い家を作る】

前回の続きとなります。

 

前回の記事↓

よくある質問【耐震等級って何?】

①地震に強い家

 

こちらがまさしく「耐震等級」のお話。

耐震等級3は取れた方がいいでしょう。

ではとるためにすべきこと、

構造計算をして、柱と梁、壁を耐震等級3を満たす

だけの量と質があれば完成です。

 

ただ、それだけでは不十分。。。

実験で証明されている、

耐震等級1と耐震等級3の耐震実験で、

倒れたのは、なんと、耐震等級3の家なのです!

 

え?なんで??

 

その理由は主に2つ

①応力集中

②共振

 

 

①応力集中とは

相対的に弱い部分に力(負荷)が集中すること

 

②共振とは

地盤の揺れのリズムと建物の揺れのリズムが

一定のリズムに重なるとより大きな揺れを生み出すこと

 

この二つの理由により、

固く強く建てたはずの耐震等級3のお家が倒壊する

ことになりました。

 

ではどうすればよかったのか??

 

失敗のおかげでその対策方法がでてきています。

素晴らしいことですね!

では対策の紹介を!

 

「制振」か「免震」を採用しましょう!

 

家を固くすることを【剛】と例えると

 

「制振」と「免震」は【柔】と言えます。

 

地震の揺れを逃がしてくれる効果があり、

応力集中、共振、どちらにも効果があると実証されております。

 

ハウスクラフトでは全棟標準仕様として

「制振装置」を搭載しております。

種類は2種類

①「 evoltz(エヴォルツ)」

②「 μDAM(ミューダム)」

 

どうちらも本質的な効果は同じなのですが、

反応速度の違いや仕組みが多少異なります。

詳しくお知りになりたい方はぜひ上田まで

お問い合わせください!(^^♪

 

 

次に

②品質がずっと続く部材を使う

についてですが、こちらは次回のブログにて

紹介させていただきます!

 

最後までご覧いただきありがとうございます!!

 

 

■この記事を書いた人:上田 高彰
津市出身。ハウスメーカーを経て、自由な設計でデザイン性の高いハウスクラフトに惚れ込み転職。お客様にとって「楽しいお家づくり」を心がけ、津を拠点に住宅アドバイザーとして活躍している。

▶スタッフ紹介はこちら

 

======= ハウスクラフトの注文住宅についてもっと知る =======

 

家づくりのこだわりから、事例・オーナー様の家づくりインタビューなどもプレゼント!

▶カタログ請求はこちら

楽しく家づくりが知れる人気のイベントを多数ご用意!

▶イベント情報はこちら

あなたのご都合や希望に合わせて相談や見学ができる!

▶来場予約はこちら

 

<ハウスクラフトとは>

ハウスクラフトは三重県北中部を中心に、ライフスタイルから暮らす人を考えて、素材の持つ美しさとデザイン性に富んだ注文住宅を提供する工務店です。「家づくりを通じて家族の幸せな未来をつくる」といった理念のもと、“想い”と“技術力”を結集させ、お客様と地域に向けて事業を展開しています。その姿勢が評価され、工務店の施工力を評価する工務店グランプリで「三重県No1」「全国7位」の実績にも輝きました。「菰野スタジオ」「鈴鹿スタジオ」「津総合展示場」「ハウスクラフト・ギャラリー」と4つの拠点を設けています。