耐震?免震?制震?戸建て住宅の構造の違い

こんにちは!!

 

普段、外以外はあまりお酒を飲まない私が空前の晩酌ブームが到来しております。

おそらく楽しい年末年始の酒盛りが続いているのでしょう。笑

まだまだ減量は続いておりますので、油断せずトレーニングもお酒も楽しみたいと思います。

戸建て住宅の地震対策・住宅構造の違い

今回は様々な地震対策の違いについて
触れていきたいと思います!

戸建て住宅などの建物における地震対策として、耐震や免震、制震などの言葉を聞いたことがある方も最近は多いと思います。
これらは建築における構造の種別として、大きく分けて耐震構造・免震構造・制震構造の3つの定義の違いがあります。

それぞれの住宅構造の違いについて詳しく紹介していきます。

戸建て住宅の構造の違い

戸建て住宅の耐震構造・免震構造・制震構造の違い

  • 耐震構造の戸建て住宅

    耐震構造

    建物が倒壊せず住人が避難できることを前提とした、揺れに耐え得る頑丈で強度の高い構造。

  • 免震構造の戸建て住宅

    免震構造

    建物と地中の基礎部分の間に設けた装置によって、揺れと建物とを切り離すことで、建物に地震の揺れを直接伝えない構造。

  • 制震構造の戸建て住宅

    制震構造

    建物内にダンパーや錘(おもり)などの制御装置を組み込み、地震の揺れを吸収する構造。高層ビルなどの高い建物では、上階ほど揺れが増幅するため特に有効となる。

戸建て住宅の構造ごとのメリット・デメリット

昨今、様々な天候変化があり、万が一の備えについて改めて考える機会もありますよね。

 

定義が異なるが故に、それぞれに相応のメリットとデメリットが存在します。
住宅を建てる際には、これらをご理解しておくと今後のご参考になるかと思います!!

 

 

耐震構造・免震構造・制震構造の戸建て住宅のメリット・デメリット一覧表 注文住宅ハウスメーカー ハウスクラフト

戸建て住宅の構造ごとの地震時の揺れ

耐震構造の住宅

地面の揺れより大きく揺れ、家具の倒壊も

免震構造の住宅

住宅の揺れは地面の揺れより小さく、家具への影響も少ない

制震構造の住宅

揺れは耐震構造とそれほど変わらないが、損傷は耐震装置に限定される

戸建て住宅の構造ごとのメリット

耐震構造の住宅

大きな地震にも耐えうる頑丈な住宅構造。倒れず、傾かず、変形させない。

免震構造の住宅

建物そのものの揺れを軽減して壊れにくくする。家具の転倒を少なくして室内の被害を減少。

制震構造の住宅

免震構造の住宅よりもコストが安い。制震装置が地震のエネルギーを吸収し、耐震構造や建物の損傷を防ぐ。

戸建て住宅の構造ごとのデメリット

耐震構造の住宅

建物自体が地震の揺れには耐えられるが衝撃が増す。共振対策はできない。繰り返しの余震で耐震性能が劣化。

免震構造の住宅

コストが高いため戸建て住宅に不向き。

制震構造の住宅

制震構造だけでは建物自体の耐久性が高められない。

■この記事を書いた人:滝 恭徳
名古屋市出身。ファッション業界の人事部を経た後、ハウスクラフトへ住宅アドバイザーとして入社。
家づくりで伝えたいのは「HEART」と「ART」。ご家族と共に「楽しむ」家づくりを目指している。
▶スタッフ紹介はこちら

 

======= ハウスクラフトの注文住宅についてもっと知る =======

 

家づくりのこだわりから、事例・オーナー様の家づくりインタビューなどもプレゼント!

▶カタログ請求はこちら

楽しく家づくりが知れる人気のイベントを多数ご用意!

▶イベント情報はこちら

あなたのご都合や希望に合わせて相談や見学ができる!

▶来場予約はこちら

 

<ハウスクラフトとは>

ハウスクラフトは三重県北中部を中心に、ライフスタイルから暮らす人を考えて、素材の持つ美しさとデザイン性に富んだ注文住宅を提供する工務店です。「家づくりを通じて家族の幸せな未来をつくる」といった理念のもと、“想い”と“技術力”を結集させ、お客様と地域に向けて事業を展開しています。その姿勢が評価され、工務店の施工力を評価する工務店グランプリで「三重県No1」「全国7位」の実績にも輝きました。「菰野スタジオ」「鈴鹿スタジオ」「津総合展示場」「ハウスクラフト・ギャラリー」と4つの拠点を設けています。