住宅ローン審査の属性とは?

こんにちは、ハウスクラフトのアドバイザー 都倉です。

 

 

最近は天気予報が全くあてになりませんが、

少しずつ秋の気配を感じますね。

 

寒くなったらおいしいお刺身と熱燗で一杯やりたいです(・∀・)

 

 

 

さて、前回のスタッフブログで銀行別の住宅ローンの特徴を紹介しました。

 

まだ読まれていない方はこちらからご覧ください。

「【三重県】銀行別 住宅ローンの特徴」

 

 

 

 

そこで出てきた「属性」という言葉…

 

 

ロールプレイングゲームぐらいでしか

耳にしたことないかもしれませんので解説していこうと思います。

 

 

 

銀行に好まれる人と好まれない人

 

いったいどんな差があるのか。

 

 

好まれるような人になるにはどうしたらいいのか解説していきます。

 

 

今回もよろしくお願いします(^o^)

 

 

 

住宅ローン審査における属性とは?

 

まず、資本主義社会ではローンを組める人が信用力のある人

となります。

 

ローンをたくさん組める人=信用力の高い人

になるわけですね。

 

 

借金と聞くと聞こえが悪いですが、

投資の世界では「レバレッジ(てこの原理)」と言ったりします。

 

“どうせ増えるなら、お金を借りてでも元手が多い方がいい”

 

と考える人がいます。

 

 

不動産投資もそう。

株の信用取引や、FXなんかもそうですね。

 

結局は借金。

ということは忘れずにおきたいですね。

 

 

 

銀行はどういう人にお金を貸したいのでしょうか?

 

 

「海賊王におれはなる!!」

とルフィが言ったところで銀行はお金を貸してくれません。

 

 

では、銀行がお金を貸してくれるかどうか。

 

はたまた、たくさん借りられるかどうかは、

 

「属性」で決まります。

 

つまり、銀行からの信用力を高めるには属性を上げるしかないということです。

 

 

「億万長者におれはなる!!」

 

と銀行に行っても、

 

「はい、では源泉徴収票か決算書。あと免許証保険証を見せてくださいねー」

 

としか言われません。笑

 

 

家を建てる方はローンを組まれる方がほとんどですので、

普段から属性は意識していきたいですね!

 

 

住宅ローン審査の属性の見分け方6選

 

属性の見分け方はざっと以下の通りです。

 

1 職業

2 勤続年数

3 年齢

4 家族構成

5 借り入れの状態と与信枠

6 金融資産

 

 

1職業

 

職業に関しては収入の多さや安定性を見られます。

 

公務員、上場企業や大企業の社員、医者や弁護士は属性が高いと言えます。

 

なんとなくイメージ湧きますよね。

 

医者は開業医より雇われの方が有利になることが多いです。

 

 

中小企業の場合は、一般的に社長より社員の方が属性は高くなります。

 

社長は会社が傾くと収入が無くなるリスクがあるからですね。

 

 

 

その他、代々の地主や資産家は最強です。

 

 

フリーランスがやはり一番不利になります。

 

2勤続年数

 

勤続年数は長い方が有利です。

 

個人事業主(フリーランス)の場合、過度な節税(赤字決算)は禁物。

 

最低3年は黒字を積み上げたいですね。

 

 

3年齢

 

年齢は30代~40代が一番です。

 

20代は自分一人で行くとなめられてしまいます。

間違ってもぼったくり投資信託を買わされないようにしましょう。笑

 

50歳に近づくと反対に厳しくなります。

ローンの完済は80歳が目安だからですね。

 

健康上もリスクも高まってきます。

 

家はどうせ建てるのならなるべく若いうちに建てておきたいですね。

 

4家族構成

「家族構成なんて関係あるの?」

と思われるかもしれませんが、

 

結婚の予定や子供がいるか。

 

親と同居の可能性など関係してきます。

 

銀行は子育てや介護など、未来に掛かるお金の不確定要素を見ています。

 

 

ちなみに残念ながら男性よりも女性のほうが審査は不利になります。

 

 

5借り入れの状態と与信枠

 

他に借金がないかは非常に重要です。

 

与信枠といって、一人で借りられるお金にも限界があります。

 

それを他のローンが占めていたら、残りの与信枠はあとわずかで借りられないこともあります。

 

 

一つ注意いただきたいのが、リボ払いや分割払いも借金だということです。

 

 

意外に知らずに使っている方が多いのも事実ですね。

 

 

返済延滞も要注意。

 

借金踏み倒しや過払い請求などは問答無用でアウトです。

6金融資産

 

現預金、株、債券などがどれだけあるかも銀行は見ています。

 

現金を持っている人が一番強いです。

 

1000万円借りるためには1000万円持っていた方がいい。

おかしな話ですが世の中こんなもんです。笑

 

株は評価が低くなります。

ハイリスクな資産だからです。

 

 

債券は評価が高いです。

今は円安なので買うと損しますが、

円高に振れたら暴落中のアメリカの債権を買うと良いですね。

 

 

 

コツコツ貯めたお金の方がよく思われるので、

間違っても「ビットコインで一発当てました!」

みたいなことは銀行には言わないでおきましょう。笑

 

一気に増えたお金は一気に減ると思われます。

 

 

住宅ローン審査に必要な属性の見分け方まとめ

職業・収入

施主の収入の多いか、安定性しているかどうか
公務員や上場企業の社員や医師・弁護士が属性が高く評価される

勤続年数の長さ

施主の勤続年数が長いかどうか
勤続年数が長いほど、属性が有利に評価される

施主の年齢

住宅ローン借入~完済に適した年齢かどうか
30代から40代の属性が高い

家族構成

結婚・子供の有無・親との同居など
銀行から見て将来必要なお金がどれくらいかかる可能性があるか

借入状況・与信枠

住宅ローンを借りる以外に、借りられるお金の与信枠に問題がないか
リボ払いやキャッシング、返済の延滞などが発生していないか

金融資産

金融資産、現金をどれほど持っているか
保有資産に安定性があるかどうか

貸し剝がしと貸し渋り

 

有名な言葉で

「銀行は雨の日に傘を取り上げ、晴れの日に傘を貸す」

というものがあります。

 

 

企業が儲かっているときには「たくさん借りてくださ~い」と来て、

業績が悪くなり、お金が必要なときにはお金を貸してくれない。

 

 

 

こういうものなんですね。

 

 

業績が悪くなった途端、

まだ満期が来ていないのに

「貸したお金を返してください」

と言われることを貸しはがしと言います。

 

 

住宅ローンでこういったことはなかなかないとは思いますが、

最近の世界情勢を見ていると今年の年末くらいから来年にかけての景気の見通しは暗くなりそうです。

 

 

普段から属性を意識して行動することは、

いざ何か行動を起こすときに非常に有利になりますので、

今回のことを参考に行動してみてくださいね。

 

 

 

いかがでしょうか?

ちなみに我らが阪神タイガースは今年横浜銀行から貸し剝がしにあっております。笑

 

3位も怪しいな~~~~~

 

 

 

 

ではまた(‘ω’)ノ

 
 

■この記事を書いた人:都倉 謙斗
伊勢市出身。住宅業界に8年携わり、家づくりで多くのご家族の笑顔をつくってきた。
ハウスクラフトへ転職後、これまでの知識を活かし住宅アドバイザーとして「家から始まるワクワクするような毎日」を提案している。

▶スタッフ紹介はこちら

 

======= ハウスクラフトの注文住宅についてもっと知る =======

 

家づくりのこだわりから、事例・オーナー様の家づくりインタビューなどもプレゼント!

▶カタログ請求はこちら

楽しく家づくりが知れる人気のイベントを多数ご用意!

▶イベント情報はこちら

あなたのご都合や希望に合わせて相談や見学ができる!

▶来場予約はこちら

 

<ハウスクラフトとは>

ハウスクラフトは三重県北中部を中心に、ライフスタイルから暮らす人を考えて、素材の持つ美しさとデザイン性に富んだ注文住宅を提供する工務店です。「家づくりを通じて家族の幸せな未来をつくる」といった理念のもと、“想い”と“技術力”を結集させ、お客様と地域に向けて事業を展開しています。その姿勢が評価され、工務店の施工力を評価する工務店グランプリで「三重県No1」「全国7位」の実績にも輝きました。「菰野スタジオ」「鈴鹿スタジオ」「津総合展示場」「ハウスクラフト・ギャラリー」と4つの拠点を設けています。