どうやって掃除するの?【注文住宅の吹き抜け・シーリングファン編】

こんにちは☺

 

11月に入ったところですが、

こちら津のエリアではハウスクラフトで完成したお家のお引渡しがすでに3件目。

 

工務店の会社としてはラッシュ状態ですが、

1件ずつ思い入れのあるステキなお家ばかりです✨

吹き抜けのある注文住宅 施工事例

お引渡し前のお掃除も私の仕事のひとつなので、

ちょうど年末が近づいてきたこともあり、

 

今回は

“どうやって掃除するの?【吹き抜け編】”

お送りします!

吹き抜けのある注文住宅の掃除の仕方を三重の注文住宅工務店ハウスクラフトが解説

吹き抜けのある戸建てのメリット

さて言わずと知れた吹き抜けのメリットと言えば

・自然の光をたくさん取り込んで明るい家になる

・開放感を感じられる

などでしょうか。

 

他にも、家の空気の循環やデザイン性に憧れが…という方も

いらっしゃいますよね♪

吹き抜けのある注文住宅施工事例

吹き抜け天井のシーリングファンの掃除方法

ただ“ファンの掃除が大変そう…”というところから、

懸念される面もあります。

 

わたしもいつもの掃除が気になるタイプなので

そっち派です…

 

 

でも実はここにヒントが!

掃除しやすい吹き抜けならどうでしょうか?

 

例えばハウスクラフト津ギャラリーにあるRasiaのモデルハウスのファンは

2階から掃除できちゃいます☺

 

もちろん危なくないようにそのまま触れる距離にはありませんが

どこにでもあるクイックルワイパーを伸ばせば届きます♪

吹き抜けのある注文住宅施工事例

掃除しやすい吹き抜けシーリングファンの施工事例

  • 2階から掃除できる吹き抜けシーリングファン

  • クイックルワイパーが届く設計で掃除が簡単

掃除機をかけるついでにフワッと埃を払うぐらいなら

負担も少ないのでは?

吹き抜け天井のシーリングファンを汚れにくくするポイント

また、シーリングファンに細かい油が付くと、

より埃を吸着しやすくなってしまいます。

 

 

気になる方はキッチンから離れた部分にファンを設置したり

調理中は換気扇を最大にしたりするのも

掃除がラクになる工夫のひとつかと思います♪

 

吹き抜け・シーリングファンの掃除のポイントまとめ

設置を工夫

2階から掃除できる(掃除用具が届く)住宅設計ならお手入れもさっと便利に

油汚れに注意

シーリングファンをキッチンから離れた場所に設置

換気扇を活用

調理中の換気扇の強さを最大にして、細かい油の付着を防止

このように吹き抜けのメリットはそのまま、

デメリットと感じることの負担を減らすことで、

より住みやすいお家になるといいですよね☺

 

吹き抜けでも“掃除しやすいシーリングファン”の

現物を見てみたい方は、ハウスクラフトギャラリーのモデルハウス情報からどうぞ✨

住まいの掃除のコツを紹介

注文住宅の掃除のコツやおすすめの掃除グッズについては、

下記のブログでも紹介しています。