【注文住宅のよくあるご質問】窓ってたくさんあった方が良いの?

こんにちは!!

 

すっかり寒くなりましたね。

先日薄いダウンを来て外出した際、公園で遊んでいたBoysに

「まだ冬じゃないよ」とご指導頂きました。

もっと季節感を意識していきたいと思います。

ありがとうございました!

 

 

注文住宅の家づくりと窓の選び方

さて、今回は「窓ってたくさんあった方が良いの?」という事で

多くの窓や大きい窓を採用した際のそれぞれのメリットと懸念事項を伝えていければと思います!

注文住宅に窓はたくさんあったほうが良い? 三重県の注文住宅工務店ハウスクラフト

窓が多い・大きい窓のある注文住宅のメリット

まず、メリットをあげるとすると

・日光や風通しが確保できる

・冬場は日当たりを活用し、家の中を暖かくすることができる

・外の景色を取り込み、広がりを感じる事ができる

 

窓が多い・大きい窓のある注文住宅のデメリット

懸念事項も勿論あります。

・大きい窓故に、視線等が気になり落ち着かない

・窓の数が多ければ多い、大きい程熱が逃げやすくなる(詳細は後ほど)

・コストがかかる(特注の大きい窓だと◯◯万円~)

・日焼けや掃除の面で後のことも考える必要がある

 

 

ざっと書きましたが、実は良い事ばかりでもない事が分かりますね。

 

今回はこの中で一つ、分かりやすい事例をあげると

「窓の数が多ければ多い、大きい程熱が逃げやすくなる」

この例に着目してみましょう。

窓が多い・大きい住宅ほど熱が逃げやすくなる理由

断熱基準 住宅の熱流出量 流入量 夏の冷房時 昼に開口部から熱が入る割合73% 冬の暖房時の熱が開口部から流失する割合 58%

勿論サッシの性能も良くなり、断熱性能も向上しておりますが、

窓(以下:開口部)が多ければ多い程、その開口部から夏や冬の気温が流入・流出しやすい事が

上の資料で分かるかと思います。

 

なので、ここで大切な事は、窓も「適材適所」という事です。

 

家づくりで窓は重要なポイント

必要でない場所の窓は通称「諸刃の剣」とも言われる程、

今後に影響を及ぼすとも言われております。

 

 

敷地条件や周辺環境等様々な条件を充分に考慮した上で

一つずつ意味を持って決めていけると良いですね☆

 

 

 

 

今回はここまで!

 

次回は冬目前!【よくあるご質問】HEAT20って何ですか?

となります!お楽しみに!!

 

 

 

今回もご覧いただき、ありがとうございました*

ではまた!!!

  • 注文住宅に窓はたくさんあったほうが良い? 三重県の注文住宅工務店ハウスクラフト

    大きな窓のある注文住宅施工事例

  • 窓の多い注文住宅施工事例

■この記事を書いた人:滝 恭徳
名古屋市出身。ファッション業界の人事部を経た後、ハウスクラフトへ住宅アドバイザーとして入社。
家づくりで伝えたいのは「HEART」と「ART」。ご家族と共に「楽しむ」家づくりを目指している。
▶スタッフ紹介はこちら

 

======= ハウスクラフトの注文住宅についてもっと知る =======

 

家づくりのこだわりから、事例・オーナー様の家づくりインタビューなどもプレゼント!

▶カタログ請求はこちら

楽しく家づくりが知れる人気のイベントを多数ご用意!

▶イベント情報はこちら

あなたのご都合や希望に合わせて相談や見学ができる!

▶来場予約はこちら

 

<ハウスクラフトとは>

ハウスクラフトは三重県北中部を中心に、ライフスタイルから暮らす人を考えて、素材の持つ美しさとデザイン性に富んだ注文住宅を提供する工務店です。「家づくりを通じて家族の幸せな未来をつくる」といった理念のもと、“想い”と“技術力”を結集させ、お客様と地域に向けて事業を展開しています。その姿勢が評価され、工務店の施工力を評価する工務店グランプリで「三重県No1」「全国7位」の実績にも輝きました。「菰野スタジオ」「鈴鹿スタジオ」「津総合展示場」「ハウスクラフト・ギャラリー」と4つの拠点を設けています。