• 新築家づくりのポイント
上田 高彰

よくある質問【土地探しで気を付けることは?】

 

こんにちは!

アドバイザーの上田です!

 

私ごとですが、

9月30日で27歳の誕生日を迎えました!(^^)/

 

昨日は家で誕生日会を開いていましたが、

お家焼き肉をして、そのあとケーキをみんなで食べていたら、

4歳の上の子が、

長女「ハッピバースデー歌ってないよぉ?」

父母「あ、ほんとや、ほな、歌おか!」

みんなで「ハッピバースデー♪トゥーユー♪、、、」

長女「電気消してないよぉ?」

仕切り直して「ハッピバースデー♪トゥーユー♪」

下の子「ニコニコ(なんやらわからんけど楽しい顔😀笑」

 

ということで家族に支えられながら27歳を迎えた上田を

今後ともよろしくお願いいたします!!(^^)!

 

大前提の次の話です

 

まず大前提として、皆様それぞれの大事にしたいことが

あるかと思います。

 

例えば、

①津波はさけたい

②洪水が心配

 

その逆もあります。

①海辺に住んで波音を聴きたい

②洪水の時は避難すればいい、それより駅近優先

 

それらは様々な考えと要望があります。

一概に正解はありません。

 

ここではそのような大前提が決まり、

ではいよいよ土地探ししよう!となった際に

【気を付けるポイント】を紹介します。

例えば、

AとBの土地、広さも金額もエリアも同じ。

でも、契約してから

「え?こんなに諸経費かかるの?」

「建物建てるのに、造成工事100万円?」

 

といった具合に、目には見えない

ひょっこりはんしている物事(ちょっと古い)

それを解決するために費用がかかります。

 

このようなことを防ぐために、

【気を付けるポイント】を紹介します!

 

A、大きく3つです

 

①高低差があるかどうかの確認

②有効面積を考える

③30年後も住まうイメージがその土地でできるか

 

それぞれ解説します!

 

①高低差があるかどうかの確認

結論として、高低差は無い方が良いです!

 

高低差とは、道路面を基準とした時に、対象の土地が

高くなっているか、低くなっているか、のことです。

 

なぜ高低差は無い方が良いかというと、

道路面より土地が高くなっている場合は、

 

〇そこに家を建てる際、土が横に流れて

いかないように「土留め」をする必要があります。

 

〇家の玄関に入るまでの「アプローチ」が長くなったり

階段の段数が増えたりします。

これは結構老後に響きます。

 

〇余分な土を廃棄する必要があります。

 

上の3点の理由によって、追加費用がかかります。

 

 

②有効面積を考える

旗竿地やすこしいびつな形をした土地ですね。

上のような土地は有効面積が狭い・少ないです。

 

いわば使えない面積が多いと、それは無駄なスペースに

なりかねないです。

 

無駄なスペースとはいえ、毎年の固定資産税の請求は

必ずやってきます。そこには無駄スペースも入った勘定ですね。

 

ただ、無駄=ダメ

ではありません。

 

無駄=遊びの空間

として活用できます。お庭としての空間として使い、

そのお庭が一室の窓からこっそり観えて素敵な空間にすることも

できます!

無駄スペースをどう生かすか?

は皆様の「叶えたいこと」を引き出し提案する建築会社次第ですね!

 

 

③30年後も住まうイメージがその土地でできるか

その文言通りです。

建てて終わりではなく、永く長くそこに住まわれます。

将来のことは誰にもわかりませんが、現地の雰囲気など肌で感じて、

「なんか暗いな、怖いな、なんとなく住むイメージができないな」

ということでしたら、その土地は選択肢として外した方がいいかもしれません。

 

現地に行かないとわからないことがたくさんあります。

是非お土地探しは現地へ出向くことをお勧めします!!

 

 

 

以上の3点に気を付けながら土地探ししてみてください!

きっと、これまでとは違った見方や角度で土地が見えてくる

と思います!

そして気になった土地があったら【信頼できる建築会社に相談すること!】

必ずセットで考えてくださいね!!

 

 

良ければ、他の

【よくある質問】記事もご覧ください!

 

よくある質問【土地も探してもらえるのですか?】

よくある質問【平屋の場合土地は何坪必要ですか?】

よくある質問【塗り壁って汚れが目立ちませんか?】

よくある質問【床暖房つけられますか?】

よくある質問【吹き抜けあると冬場寒くないの?】

よくある質問【無垢の床材は手入れが大変?】

よくある質問【ハウスメーカーと工務店の違い】

 

ではまた!

■この記事を書いた人:上田 高彰
津市出身。ハウスメーカーを経て、自由な設計でデザイン性の高いハウスクラフトに惚れ込み転職。お客様にとって「楽しいお家づくり」を心がけ、津を拠点に住宅アドバイザーとして活躍している。

▶スタッフ紹介はこちら

 

======= ハウスクラフトの注文住宅についてもっと知る =======

 

家づくりのこだわりから、事例・オーナー様の家づくりインタビューなどもプレゼント!

▶カタログ請求はこちら

楽しく家づくりが知れる人気のイベントを多数ご用意!

▶イベント情報はこちら

あなたのご都合や希望に合わせて相談や見学ができる!

▶来場予約はこちら

 

<ハウスクラフトとは>

ハウスクラフトは三重県北中部を中心に、ライフスタイルから暮らす人を考えて、素材の持つ美しさとデザイン性に富んだ注文住宅を提供する工務店です。「家づくりを通じて家族の幸せな未来をつくる」といった理念のもと、“想い”と“技術力”を結集させ、お客様と地域に向けて事業を展開しています。その姿勢が評価され、工務店の施工力を評価する工務店グランプリで「三重県No1」「全国7位」の実績にも輝きました。「菰野スタジオ」「鈴鹿スタジオ」「津総合展示場」「ハウスクラフト・ギャラリー」と4つの拠点を設けています。