よくある質問【塗り壁って汚れが目立ちませんか?】

A、塗り壁材によって大きく変わります

 

塗り壁といってもいろいろ種類があります。

代表例としては「リシン」の塗り壁。

 

おおよそ8年ほどで雨だれや黒ずみ、汚れが残り

目立ってしまいます。

 

では、9年目にメンテナンスをしよう!ということで、

足場=70万、塗り壁材=30万、合計100万くらいはかかるでしょう。

 

そんなに費用がかかるのであれば、まあ多少の汚れはあれど

住めないわけではないし、そのままでいいか。。。となる

方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

では、ハウスクラフトではどのような塗り壁材

を使用しているのでしょうか。

 

STO-ドイツ発、世界シェアNO.1-

の塗り壁材を使用しています。

以下引用

 

「Sto(シュトー)とは、ドイツ発、世界シェアNO.1・

世界60各国以上で使用される塗り壁材です。」

 

ということで、塗り壁材としての”最高品質”の

【STO】を使用しています。

 

【STO】の塗り壁には原材料に「ハスの葉」を使用

しており、撥水効果が非常に高いため、30年塗り替えが

必要ありません!すごいですよね!

 

ただ、ドイツの乾いた環境下なら!の話です。

日本は”高温多湿”な環境ですので、少し早まりますが、

それでも20年~25年は塗り替えが必要ありません。

 

そんな塗り壁の最も良い点、それは

「オンリーワン」が作れることです!!

800種類のカラーがありますが、それらすべて

現場で調合して作ります。それらの色は2度と同じ色に

なることはなく、まさしく「オンリーワン」です!

 

そのような、機能性や実用性だけでは測れない

素晴らしさが「塗り壁」にはあると僕は思っています!