雑貨ディスプレイをセンス良く見せるコツ① ―基本編―

こんにちは!
梅雨真っ盛り。雨の日が続き、あじさいがきれいですね。

私は冷やし中華が大好きなのですが、今年も冷やし中華のシーズンが開幕し
うきうきしております。

おすすめの冷やし中華があれば、ぜひ教えてください!

 

 

さてさて、最近LIFE STYLE SHOPにご来店いただくお客様から
「雑貨を飾りたいのですが、なんとなく部屋がまとまらない・・・。」
「かわいいと思って購入しても、おしゃれに飾れなくて困ってしまう。」との
ご相談をいただくことが多く、今回からは、そんなお悩みに答えるべく!!

 

LIFE STYLE SHOP担当者ならではの、雑貨ディスプレイをセンス良く見せるコツを
何回かに分けてお伝えさせていただければと思います。

 

初回は基本編をお届けします。

 

 

ディスプレイの基本ルール

好きな雑貨に囲まれた生活は、それだけで毎日が豊かになります。

しかし、何も考えずに雑貨をディスプレイしてしまうと、

散らかった印象になってしまうことも・・・。

 

美しく見せるディスプレイの基本のルールをお伝えさせていただきます。

①好きなものだけ集めない

雑貨のディスプレイで一番大切なことは、インテリアとの調和です。

 

インテリアとのバランスを無視して、好きなテイストの雑貨だけを購入すると、

ディスプレイしたときに違和感を覚えてしまいます。

 

ファッションでは、「好きな服」と「似合う服」は別ですよね。

雑貨も空間の一部ですので、インテリアとのバランスを考えて選ぶことが大切です。

背景となる壁や、周りの家具を意識して雑貨をディスプレイしてみましょう。

②カラーは3つに絞る

インテリアのカラーコーディネートの基本でもありますが、

雑貨のディスプレイでも、飾るモノの色は3つに限定すると部屋の印象がしっかりまとまります。

 

さまざまな色が混在していると、全体のディスプレイを見たときに「まとまり」が感じられません。

雑貨の色を3つ選ぶときも、部屋とのバランスを意識してください。

 

たとえば、床や扉に使われている木部の色を2つ、その色の反対色を1つ選んで雑貨をディスプレイすると、

空間全体で見たときにまとまって見えます。

③素材に統一感を

雑貨の素材には、木や金属、ガラスなどがあり、それぞれが空間に与える印象が大きく異なります。

たとえば、「木」は温かみを感じさせますが、「金属」は冷たい印象を与えます。

 

さまざまな素材を組み合わせるほどおしゃれに見えますが、経験とセンスが大切になってくると思います。

まだ自信がないという方は、ディスプレイする雑貨の素材を1つか2つに絞ることをおすすめします。

④ディスプレイのバランス

「失敗したくない」からと言って、小さい雑貨を集める方が多いですが、

小さい雑貨だけがディスプレイされていては、存在感がなくて目立ちにくくなってしまいます。

 

雑貨はインテリアのスパイス。

ディスプレイするなら存在感が大切です。

小さい雑貨だけではなく、大きくて存在感のある雑貨もディスプレイしてみましょう。

 

 

次回は、ディスプレイのベーススタイルについてお伝えさせていただきます。

お楽しみに!