雑貨ディスプレイをセンス良く見せるコツ④棚編

こんにちは!

オリンピックがついに始まりましたね。

 

一生懸命ひたむきに頑張る人の姿は、見ている方も元気をもらえますね。

暑い中戦う選手の皆さんを、私も応援したいと思います!

皆さんも毎日暑いので、熱中症にはお気をつけくださいね。

 

本日は、雑貨をセンス良く見せるコツの4回目!

飾り方によって差が出る、棚へ雑貨を飾るときのディスプレイのコツをご紹介します。

雑貨ディスプレイをセンス良く見せるコツ④棚編

棚に雑貨を飾るときの3つのポイント

見せたい雑貨は目線の位置に

飾り棚や本棚に雑貨をディスプレイするときは、目線の高さを意識します。

最初に目が行く場所に雑貨を並べると、自然と目線が定まるので

下の方に見せたいモノをディスプレイするのはおすすめしません。

重い雑貨は下が落ち着く

本は重い雑貨なので、一番上の段に並べるとバランスが悪くて落ち着きません。

本や重量感のある雑貨のディスプレイは下に飾るのがおすすめ。

本は立てて並べるのも良いですが、横に積み重ねてディスプレイするのも素敵ですよ。

ディスプレイの余白を意識する

ひとつの棚にありったけの雑貨をディスプレイすると、窮屈で余裕が感じられません。

棚にディスプレイするときは、余白を意識すると空間が洗練されます。

 

たとえば、左右どちらかに雑貨を寄せるだけで、ゆとりが生まれておしゃれに見えます。

すべて左右どちらかに寄せてしまうとバランスが悪いので、ジグザグを意識してディスプレイしてみてくださいね。

 

 

棚の雑貨ディスプレイをセンス良く見せるコツまとめ

目線の高さを意識

見せたい雑貨は目線の位置に。最初に目が行く場所に雑貨を並べると、自然と目線が定まります。

重い雑貨や本は棚の下に

本や重量感のある雑貨のディスプレイは下に飾るのがおすすめ。本は横に積み重ねてディスプレイするのも素敵です。

ディスプレイの余白を意識

左右どちらかに雑貨を寄せたり、余白を意識しておしゃれな空間に。

次回は最終章!

雑貨をセンス良く見せるコツのまとめです。

おたのしみに♪