幸福を呼ぶ!?お家と風水の話

こんにちは、アドバイザーの都倉です。

 

プロ野球は交流戦が始まりました。

選手は疲れが出始めて、

毎年パリーグにボコボコにされる季節です。

 

と思いきや、今年はセリーグが頑張っているではありませんか。

 

オールスターが楽しみです。

 

 

 

そして少し前のブログで書いた車の修理代ですが、

23万円とのことでした。

 

まだ帰ってこないんですが。

 

 

 

はぁ。

 

 

ついてないなぁということで、

今回は風水のお話をしたいと思います。

 

 

風水は統計学

 

お家の打ち合わせをさせていただくと、

たまに話に出るのが、家相と風水。

 

 

実は僕、風水インテリアアドバイザーという資格を持っております。

と言ってもちょっとかじっている程度の知識です。

 

 

 

僕自身、オカルトは信じない。

神にも仏にも祈ったことはありませんし、厄年も何もしませんでした。笑

 

 

ですが、この資格を取るまでかなり誤解がありました。

 

風水というと、

派手なおばちゃんが金魚を飼っていたり、

金色の財布を持っていたり、

とにかく何かにすがっているイメージで、

「もっと大事なことあるやろ!」

と思っていたのですが、

 

 

本当にその通りでした。

 

テクニックではなく、大切なのはマインドでございます。

 

 

 

 

風水というのは、実は「統計学」です。

 

明確な由来とかがないのですね。

 

鬼門もそうで、元々中国から発生したものですが、

説としては、

モンゴルから攻めてくる方向だったことで表鬼門と呼んだり、

 

後の説は忘れましたがw

 

かじっただけなのですみません

 

 

風水は、

「環境を良くすることで運を上げる」

ことが基本です。

 

 

方角がどうの、鬼門がどうのという前に、

やることはたくさんあるということです。

 

今日から始められる風水

 

では、今日から簡単に始められる風水の基本を紹介していきます。

 

①    玄関をきれいにする

「氣」(気のこと。風水ではこちらの漢字です)は玄関から入ります。

ですので、一番は玄関をきれいにすること。

そして何も置かないこと。

傘や靴はシューズクロークに仕舞いましょう。

置いてもいいのは、

ふかふかの玄関マットとグリーンとアロマだけです。

 

高級ホテルをイメージしてください。

高級ホテルは有名な風水師が入っていることが多いです。

 

玄関ドアを開けて真正面に鏡があるのもBAD。

入ってきた氣が跳ね返ってしまいます。

 

 

 

②    水回りをきれいにする

風水の天敵は湿気です。

水滴は一滴残さずふき取りましょう。

ちなみにキッチンでは、シンクとコンロの間にグリーンを置くとGOODです。

 

 

 

③    不要なものは捨てる

新しいものを入れるには古いものは捨てなくてはいけません。

それは氣や運も同じです。

TVやニュースで見る、俗にいうお金持ちの方たちがぐちゃぐちゃの部屋に住んでいるイメージはあまり出来ないと思います。

 

捨てることは人によっては勇気がいることかもしれません。

ですが、

失うものや諦めることは、確かにどれも輝いて見えるけど、

秤にかけた 自分で選んだ 悔やむ権利も捨て去ってた

 

とヒゲダンも歌っておりました。

 

 

まとめ

 

風水を勉強したときに、

整理収納アドバイザーの資格を取ったときと一緒だなと思いました。

 

結局のところ、

汚かったり、散らかっていたりすると、気分は下がるし、

探し物をしているちょっとの時間も積み重なれば膨大な時間で、

そうやって知らず知らずの内に何かを失っているのかもしれませんね。

 

 

 

一つ確かなことは、

これだけ言っておいて

僕の家は何も取り入れられていないということでした。

 

( ゚Д゚)

 

 

テクニックよりもマインドです。

では、また来週(‘ω’)ノ