【電気代暴騰!】電気代を下げる裏技

こんにちは、アドバイザーの都倉です。

 

 

もうすぐゴールデンウィークですね。

 

みなさんは旅行でしょうか?

住宅会社巡りでしょうか?

 

 

こども未来住宅支援事業の補助金も着工の期限がありますから遊びすぎにご注意くださいね!

 

 

 

 

さて、今年に入って電気料金がものすごく上がっています。

 

 

去年から23%?も上昇しているそうです。

 

中部電力の資料はこちらです。

 

 

 

 

我が家も1月の電気代が2万円になっていて、目ん玉飛び出しました。

 

 

しかし、我が家は太陽光が10kw載っているので、

昼間の電気はほぼタダなのですね。

 

 

ということはほぼ全て夕方以降の電力です。

 

 

まあずっと子供がTVでYouTube見ているので使いすぎなのはあるのですが、

やっぱり一番電力を使うのは給湯器ですよね。

 

 

 

エコキュートの仕組みは、

電気単価の安い深夜電力でお湯を沸かすようにプログラミングされています。

 

 

 

でも、これだけ電気代が高くなってくると考えるんですよね。

 

「これ、昼間沸かした方が得じゃね?」

 

 

 

単価の安い深夜電力でも高いとなっては、太陽光を載せている意味が半減になってしまいます。

 

 

 

最近のエコキュートはソーラーチャージという機能がついたものもあるのですが、

我が家は普通のエコキュートです。

 

 

 

 

 

そこで、いい事を閃いた私が今実験していることがあります。

 

それは、

「エコキュートのリモコンの日付を12時間ずらしてしまえばいいのではないか?」

 

ということです。

 

 

 

 

 

・・・

天才かと思いました。

 

 

そして設定を変えてから約1週間経ちますが、

ばっちりお昼に湯沸かししてくれています。

 

 

当然売電は少し減ってしまいますが、

売電金額が18円に対して、

買電は深夜電力の単価16円+燃料調達費+再エネ賦課金となると、

太陽光で沸かした方が特になるという計算です。

 

 

自分の頭の中のシミュレーションではめちゃくちゃ電気代下がると思ってます!

 

 

最近の楽しみは完全にこれですね。

 

 

もし効果ありましたらこちらのブログで結果発表したいと思います!

 

 

 

ということで、今回は電気代を安くする裏技(企画段階)を紹介させて頂きました。

 

 

このブログは毎週更新させていただいておりますので、

週一回のチェックをよろしくお願いします!

 

 

 

ではまた(‘ω’)ノ

 
 

■この記事を書いた人:都倉 謙斗
伊勢市出身。住宅業界に8年携わり、家づくりで多くのご家族の笑顔をつくってきた。
ハウスクラフトへ転職後、これまでの知識を活かし住宅アドバイザーとして「家から始まるワクワクするような毎日」を提案している。

▶スタッフ紹介はこちら

 

======= ハウスクラフトの注文住宅についてもっと知る =======

 

家づくりのこだわりから、事例・オーナー様の家づくりインタビューなどもプレゼント!

▶カタログ請求はこちら

楽しく家づくりが知れる人気のイベントを多数ご用意!

▶イベント情報はこちら

あなたのご都合や希望に合わせて相談や見学ができる!

▶来場予約はこちら

 

<ハウスクラフトとは>

ハウスクラフトは三重県北中部を中心に、ライフスタイルから暮らす人を考えて、素材の持つ美しさとデザイン性に富んだ注文住宅を提供する工務店です。「家づくりを通じて家族の幸せな未来をつくる」といった理念のもと、“想い”と“技術力”を結集させ、お客様と地域に向けて事業を展開しています。その姿勢が評価され、工務店の施工力を評価する工務店グランプリで「三重県No1」「全国7位」の実績にも輝きました。「菰野スタジオ」「鈴鹿スタジオ」「津総合展示場」「ハウスクラフト・ギャラリー」と4つの拠点を設けています。