高断熱な家は暑い?夏でも快適な住宅を実現するポイント

■高断熱住宅は冬だけ快適?いいえ、夏でも快適に過ごせます

結論から言うと、高断熱住宅は何もしなければ暑いですが、

少しの対策で快適に過ごすことができるようになります。

 

 

高断熱の家は、熱がこもりやすいという特性があります。

そのため、窓などから入ってくる日射熱や、

人や家電等から発生する熱の影響を受けることで、

室内に熱がこもって暑さを感じやすくなります。

 

 

 

一方で、高断熱住宅は夏でも冬でも外気温の影響を受けにくいため、

エアコン等を使って一度室温の調整をすれば、

家の中を長い間快適なまま保つことが可能になります。

 

断熱性能が低い住宅は外気温の影響を受けやすいため、

夏の時期にエアコンを強めに設定しても

部屋がなかなか涼しくならなかったり、

すぐに暑くなってしまうことがありますが、

 

高断熱住宅ならそのような心配はありません!

断熱性に優れた住宅なら少しの工夫によって

夏も快適に過ごすことができるのです。

 

 

■夏の快適性をさらに高めるには気密もセットで考える

高断熱のメリットをさらに強めてくれるのが「気密性」です。

 

気密性が高い住宅(高気密住宅)とは、

隙間の少ない住宅のことを言います。

 

隙間が少ないということは、外気が室内に入りにくく、

また室内の空気が外に逃げて行きづらいことを意味します。

 

せっかく高断熱によって外気温の影響を受けにくくしても、

気密が甘いと効果は半減します。

 

しかし断熱性と気密性を兼ね備えた住宅なら、

魔法瓶のように、

長い時間を快適に過ごすことが可能となります。

 

 

■室温の上昇を防ぐには日射対策(遮熱)も大切

断熱・気密のレベルをいくら上げても、

ある程度は外気温の影響を受けてしまうことは

避けられません。

 

外気温の影響を受ける原因の一つが「日射(太陽の光)」です。

日射による室内の温度上昇を防ぐには、

 

日射を入れないこと(遮熱)がポイントです。

 

 

・窓ガラスの性能を上げる

・庇を設ける

・オーニングを設ける

・外付けブラインドや遮熱網戸を活用する

 

といった取り組みを通じて、日射対策をしていきましょう!

 

 

 

■風を使って熱を外に逃がそう

日射対策に加えて「通風(熱を外に逃がすこと)」も、

室内を快適な状態に保ち、暑い夏を乗り越えるのに大切です。

 

 

通風には下のようなコツがあります。

 

 

・空気の通り道を作るため、1か所ではなく2か所の窓を開ける

(対角線上の窓を開けるとより効果的)

・風の入口になる窓よりも出口を大きく開ける

・扇風機やサーキュレーターを活用して風の流れをつくる

 

なお、帰宅した際にエアコンの電源を入れる前に

換気をすると、

まず暑い空気を屋外に排出することができるため、

エアコンの効き目をよくすることができます。

 

効果的に外へ熱を逃がすため、上手に換気を行いましょう!

 

■ハウスクラフトのお家づくり

ハウスクラフトのお家づくりはデザインだけではありません。

 

機能性や快適性を求めた仕様になっています!

詳しくはコチラから!!

 

 

 

冬にも夏にも重要な断熱性。

百聞は一見に如かず!ぜひ体感しにきてくださいね!!

お待ちしておりますm(__)m

 

 

■この記事を書いた人:塚脇 利奈

伊賀市出身。新卒としてハウスクラフトへ入社後、住宅アドバイザーへ。

ヨガインストラクターの資格を取得するなど幅を広げて活躍する。

▶スタッフ紹介はこちら

 

======= ハウスクラフトの注文住宅についてもっと知る =======

 

家づくりのこだわりから、事例・オーナー様の家づくりインタビューなどもプレゼント!

▶カタログ請求はこちら

楽しく家づくりが知れる人気のイベントを多数ご用意!

▶イベント情報はこちら

あなたのご都合や希望に合わせて相談や見学ができる!

▶来場予約はこちら

 

<ハウスクラフトとは>

ハウスクラフトは三重県北中部を中心に、ライフスタイルから暮らす人を考えて、素材の持つ美しさとデザイン性に富んだ注文住宅を提供する工務店です。「家づくりを通じて家族の幸せな未来をつくる」といった理念のもと、“想い”と“技術力”を結集させ、お客様と地域に向けて事業を展開しています。その姿勢が評価され、工務店の施工力を評価する工務店グランプリで「三重県No1」「全国7位」の実績にも輝きました。「菰野スタジオ」「鈴鹿スタジオ」「津総合展示場」「ハウスクラフト・ギャラリー」と4つの拠点を設けています。