• 工務店が教える住宅の知識
吉久 弘規

住宅ローンの手数料

こんにちは。

菰野スタジオアドバイザーの吉久です。

 

今回は、皆様が住宅を建てる時には必ずといって良い程お世話になる

住宅ローンの事についてお話させて頂きます。

今回は、ローンの種類等のお話では無く、ローンを借りる際に掛かる「費用」の事で

解説をさせて頂ければと思います。

 

今回の内容は、どこの金融機関が良い等のお話をさせて頂く物では無く

一般的なものとして、どんな費用が掛かるのかといったお話です!!

住宅ローンそのものの、細かな商品の違いに関しては、

各社銀行様にご確認頂ければと思います!!!

様々かかる手数料

住宅ローンの手続きにおいて、掛かってくる費用は以下の通りです。

 

・事務手数料(ローン手続きの際に一回掛かる費用)

・収入印紙(ローン契約の際に一回掛かる費用)

・振込手数料(振込回数分)

・保証料(保証会社にローンの保証をして頂く為の費用)

・登記費用(抵当権設定登記費用として、一回掛かる費用)

 

一般的には、この様な費用が掛かってきます。

振込手数料は数百円ですが、それ以外は数万円~数十万円かかかってきます。

これらの費用の中でも、一番大きく銀行様によって特徴が異なるのが

「保証料」と「事務手数料」に関してです。

最近では「保証料」が不要という金融機関様もありますが、その分金利が高かったり

「事務手数料」が高い代わりに、金利が安い等商品によって様々です。

 

どの商品が良いか等は、お客様にとってそれぞれですが

今回は、保証料・事務手数料に関して質問を頂く事の多い内容についてお話をさせて頂きます!!

 

保証料と事務手数料の違い

上で書かせて頂いた通り、銀行の手数料の中で一番費用が掛かるのは保証料・及び事務手数料になります。

金融機関様によって、このあたりの制度は異なり、それによって金利の低さが変わってきます。

どちらかが必ず高額になっているのが特徴ですが、大きな特徴の差としては

保証料に関しては、借入金額に対しての保証料の為、繰り上げ返済をした場合一部資金が戻ってきます。

事務手数料に関しては、借入金額に対しての銀行様に支払う手数料の為、繰り上げ返済をした場合戻ってこないのが一般的です。

そうすると保証料の方が良さそうに思いますが、事務手数料で行う金融機関様は金利が安いケースが多く、

しっかりと見比べが必要になります!!

 

また、保証料・事務手数料に関しては一括で支払うのか分割(金利上乗せ)で支払うのかを、選択する事が可能です。

実際にはどちらを選択したら良いのか、迷われる方が多いです。

では、実際にはどちらが得なのか??

例を元に計算してみましょう!!!!

 

 

条件:金利0.5%  借入金額4,000万円 借入期間35年

 

【保証料一括払いの場合】

総返済額:43,610,342円+保証料880,000円⇒44,490,342円

 

【保証料分割払いの場合 ※金利0.7%になります】

総返済額:45,111,490円

 

結果、621,148円一括払いの方がお得になります♪

 

 

この結果だけを見ると、保証料を一括払いした方が良い計算になります。

しかし、これは保証料を現金で出す前提で計算をしておりますので

手持ち金の少ない方は、なかなか厳しいところがあります。

では、この保証料の分も借入した場合以下の通りとなります。

 

 

借入金額:4,088万円 金利:0.5%

総返済額:44,569,770円

 

結果 541,720円一括払いの方がお得になります♪

 

 

どちらにしても、一括払いの方がお得な計算にはなりそうですね!!

しかし、この計算はあくまで35年支払った場合の計算になります!

実際には35年支払わない方も多いため、必ずしもこれだけの差が出るとは限りません。

また、保証料に関しては、繰り上げ返済をすると一括払いの場合でも、一部費用が戻ってきますが

「事務手数料」の場合は、これが戻りません!!!

 

最近金利が安いので有名なネット銀行は、ほぼこの事務手数料が最初に掛かるパターンが多いです。

その為、いくら金利が安くとも繰り上げ返済を考える方にとっては、必ずしもメリットがあるとは限りません。

 

 

今日のお話は、あくまでローンのお話に特化しておりますが

実際に借入出来る額には限度があります。

その中で、家のやりたい事など考えて行くと、得だからといって保証料に何十万も割く事が

必ずしも良い事かと言われると、私はそうは思いません。

 

皆様の家づくりにとって、何が一番良いのか

住宅建築のパートナーの担当者様と共に、一緒に考えて行けると良いと思います!!

お客様の状況にあった選び方を

いかがだったでしょうか?

参考になりましたでしょうか?

 

住宅ローンは、本当に沢山の種類があって、何が良いか選択するのがとても難しいです。

とりあえず金利が安い方が良いようにも思いますが、そこはお客様の年齢や家族構成

収入や建築費用等に合わせて、ベストな組み合わせを考えて頂きたいと思います。

 

私自身ファイナンシャルプランナーとして、色々なお客様のローンをお手伝いさせて頂きましたが

必ずしも金利だけ安ければ、その銀行で!!とアドバイスしている訳ではありません。

お客様のそれぞれの状況に合わせた金融機関の紹介をさせて頂き

ベストな選択を出来る為のお手伝いをさせて頂いております。

 

皆様も金利だけでは無く、自身にとって何が一番良い選択なのか

是非一緒に考えて行きましょう。

 

 

では、また次回!!!

■この記事を書いた人:吉久 弘規
大阪府吹田市出身。趣味はパンづくり。家づくりに長年携わり、よりお客様に寄り添った家づくりをしたいという気持ちからハウスクラフトへ転職。自身も家づくりの経験があり、家づくりに関する幅広い知識を活かしたアドバイスをお客様へお伝えしている。

▶スタッフ紹介はこちら

 

======= ハウスクラフトの注文住宅についてもっと知る =======

 

家づくりのこだわりから、事例・オーナー様の家づくりインタビューなどもプレゼント!

▶カタログ請求はこちら

楽しく家づくりが知れる人気のイベントを多数ご用意!

▶イベント情報はこちら

あなたのご都合や希望に合わせて相談や見学ができる!

▶来場予約はこちら

 

<ハウスクラフトとは>

ハウスクラフトは三重県北中部を中心に、ライフスタイルから暮らす人を考えて、素材の持つ美しさとデザイン性に富んだ注文住宅を提供する工務店です。「家づくりを通じて家族の幸せな未来をつくる」といった理念のもと、“想い”と“技術力”を結集させ、お客様と地域に向けて事業を展開しています。その姿勢が評価され、工務店の施工力を評価する工務店グランプリで「三重県No1」「全国7位」の実績にも輝きました。「菰野スタジオ」「鈴鹿スタジオ」「津総合展示場」「ハウスクラフト・ギャラリー」と4つの拠点を設けています。