意外と分からない家のメンテナンス~窓編~

前回、壁紙のメンテナンスについて紹介させて頂きました。
今回は次いで質問の多い窓についてです。

 

窓は形状によって方法が変わるのでいくつかに分けてご説明していきます。
今回は「引違い窓」について。

 

写真の左に移っているのが一般的な引違い窓。
奥に移っているのがHKKと呼ばれる変形的な引違い窓。
どちらも方法は同じです。

■メンテナンスには欠かせない網戸

窓でメンテナンスと言えばまずは網戸ですね。
引違い窓は昔からありますが、昔と違うのは強風で外れづらくなっている点です。

 

昔の網戸は上に持ち上げれば簡単に外せたんですが、今はもう一手間必要です。
この一手間とは、最初にロックを外すことです。

網戸の両横の上部に外れ止め部品があります。
ここに2つのネジがあるのでそのうちの下側を緩めて外れ止めを下げます。

(外れ止めはビスで止まっている黒い部品です。)

 

次に下側のつまみを引き出します。

左下は引き出す前、右下は引き出した後の状態。

指で引掛けて出せないことも無いですが、少し硬めなので

マイナスドライバーの様な先端の細いものがあるとやり易いです。

この作業をしたら後は持ち上げて外すだけ。
頻度は少ないですが、大掃除など外したい時は必ずあると思います。

戻す時はこの手順を反対にしていけばOK。
無理に力ずくでやってしまうと壊れやすいので、しっかりとした手順で外していきましょう。

 

前回、壁紙のメンテナンスについてもご紹介してますので良ければ下のリンクから是非。