• 新築家づくりのポイント
田中 優華

【限られた土地で注文住宅の見せ方の工夫】

こんにちは!

アドバイザーの田中です^^

 

先日御座所に行ってきたのですが…

 

記憶にないくらい小さいころにしか乗ったことがなかった

ロープウェイ…

 

天気も良かったのですっごく綺麗だったのですが

想像以上の高さと乗っている時間の長さに

私は終始震えていました(笑)

 

でもとてもリフレッシュできたお休みとなりました^^

 

 

さて本題ですが、私も少しずつお客様とお話を

させていただく機会が増えてきた今日この頃ですが

その中でよく耳にすることをお話します。

 

お家づくりを進めるにあたって

やっぱり気になるのが 「土地」 について

だと思います!

 

ご両親が土地をお持ちの方もいれば

一から探していますと言われる方、もちろんいろんな形があります^^

 

「今候補の土地があって!」とお話をしてくださるお客様も

いらっしゃって、見せていただくと…150坪!!

なんてこともよく耳にします!

 

私も実際このお仕事をするまでは

土地は広ければ広いほうがいいって思ってました^^

 

でも実際は広ければ広いほど

税金も高くなって、外構費用も高くなって、

お庭の手入れも大変で…と様々な問題もあります。

 

今日は室内の見せ方によって

広くも狭くも見えることをお伝えします!

 

 

工夫次第でこんなに広く見えます!

こちらは津ギャラリーにある

フルオーダーのお家です!

 

このお家、様々な工夫で広くて解放感を得られる造りになっています。

 

まず 窓の大きさ!

窓が大きくそして高い位置にもついていることによって

抜け感が出て明るく、広々としたリビングを作り出しています。

天井も吹き抜けで高い作りなので、それと合わさることによって

圧迫感は全くありません!

 

次に床のタイルのつながり!

外にタイルデッキがあるのですが

そちらとリビングの床がつながっているように見えますよね^^

そうすることによって床の広がりも演出しています!

 

そして奥に見えるガレージの壁・板張りの外収納!

あえて外収納が前にあって、その後ろに白の壁をもってくることによって

奥行と広がりを作り出しています。

プラスしてその壁があることによって、外からの目隠しにもなるので

ゆっくりくつろぐこともできます!

 

「LDKは広く、20帖以上は絶対!」私もそう思っていましたが

その概念を変えられました^^

 

工夫一つでここまで明るくて開放的なリビングを

つくることが可能になります!

 

 

津ギャラリーにはこの他に2棟ご見学頂ける

モデルハウスがございます^^

 

実際見て、すこしでも話を聞きたいなーって

思っていただきましたらぜひご見学にお越しください!(^^)!

 

ではまた!

■この記事を書いた人:田中 優華
四日市市出身。ブライダルスタッフとして活躍後、住宅アドバイザーとしてハウスクラフトへ。
現在はハウスクラフト・ギャラリーを拠点として、お客様に寄り添ったお家づくりを進めている。
▶スタッフ紹介はこちら

 

======= ハウスクラフトの注文住宅についてもっと知る =======

 

家づくりのこだわりから、事例・オーナー様の家づくりインタビューなどもプレゼント!

▶カタログ請求はこちら

楽しく家づくりが知れる人気のイベントを多数ご用意!

▶イベント情報はこちら

あなたのご都合や希望に合わせて相談や見学ができる!

▶来場予約はこちら

 

<ハウスクラフトとは>

ハウスクラフトは三重県北中部を中心に、ライフスタイルから暮らす人を考えて、素材の持つ美しさとデザイン性に富んだ注文住宅を提供する工務店です。「家づくりを通じて家族の幸せな未来をつくる」といった理念のもと、“想い”と“技術力”を結集させ、お客様と地域に向けて事業を展開しています。その姿勢が評価され、工務店の施工力を評価する工務店グランプリで「三重県No1」「全国7位」の実績にも輝きました。「菰野スタジオ」「鈴鹿スタジオ」「津総合展示場」「ハウスクラフト・ギャラリー」と4つの拠点を設けています。