一生の思い出に残る家づくり

こんにちは。

菰野スタジオアドバイザーの吉久です。

 

 

先日子供の最後の夏休みの思い出つくりに、亀山市にある「かぶとの森」でキャンプをしてきました!

今年に入ってキャンプに目覚めた我が家。

妻のお気に入りのテントも購入し、いざ設営となった際に思わぬハプニングが・・・

まさかのメインポールが折れるという事件・・・・・!!!!!!

少しの間フリーズしながら、テントの構造を改めて確認をし、折れた状態でいかに設営出来るかを考えながら行った結果

何とか設営する事が出来ました!!!

 

久しぶりに子供と川で泳いだり、バーベキューをしたり、焚火をしたり・・・

個人的にはとても楽しい夏休みの思い出を作る事が出来ました!

緊急事態宣言も出る中でなかなか外出もためらわれる状況になって参りましたが

落ち着いたらまた家族で行きたいなと思ってます!

キャンプ好きな方がおられれば、おすすめ情報教えてください!!!!

 

 

 

さて、本日はハウスクラフトの思い出つくりのお話です。

家づくりにおいては、工事に入ると様々なイベントが行われます。

一般的には、着工時に行う地鎮祭が有名ですが、その他にも上棟や竣工時など会社様によって様々だと思います。

私もハウスクラフトに入社をさせて頂いて早10か月が経ちました・・・(一年って本当に早いですね)

ご着工頂くお客様も増えてきた中で、ハウスクラフトが取り組む思い出に残るイベントのお話をさせて頂ければと思います!!

一緒に作り上げる楽しみ

ハウスクラフトでは、家づくりの思い出つくりとして

「上棟式」や「手形式」といった物を行っております!!!

お客様や天候によって、開催する時期はまちまちにはなりますが、家づくりのイベントの一つとして

お客様参加型の催しをさせて頂いております。

 

上棟に関してはイメージが出来る方も多いかもしれませんが、その名のごとく

家が建ちあがる日にさせて頂くイベントとなります!!

皆様、なかなか見る事の無いクレーン作業など目の当たりにされて

家が出来上がっていく姿を見ながら、とてもワクワクしておられる姿を見ていると

私自身自分の家が建つかの様な感覚で、同じようにワクワクしてきます!!!

お昼には大工さん達にお弁当をご用意頂いたり、職人様との交流もあり

いよいよ家づくりも本格的にスタートするんだといった感じになります!!!

家づくりの中で、一番ダイナミックなイベントですね!!

 

 

その後に待っているのが、手形式ですね!!

大きな手形板というものに、お客様の手形やお名前、家づくりに対する想い等を書いて頂き

なんとその板を1階の天井裏に取付て、家が出来た後も家族の成長を見守ってくれる!!!

そんな素敵なイベントになります!!

家に住んでいて、ふっとした瞬間に思い出すなんて事もあるのではないでしょうか?

そんな素敵な思い出って、めちゃくちゃ楽しそうじゃないですか!!!!

板に書く思いもお客様それぞれで、皆様それぞれの思い出が詰まったイベントになっております。

前職の時にはやったことが無かったので、個人的にはとても新鮮でめちゃくちゃ嬉しいイベントでした!

お客様以上に、勝手に一人ではしゃいでしまいました(笑)

  • 上棟

  • 手形式

一生の思い出に残る家づくりとは・・・

かなり個人的な見解が含まれたブログの内容になってしまい、期待外れの方もいたかもしれません・・・。

結局何が言いたいかと言いますと、想いの詰まった家づくりは、どんな家でも素敵だという事です(笑)

欲しい物を買っても、行きたい場所に行っても、最後は「どんな気持ち」だったのかが一番大切だと思います。

 

家も同じで、どんなに素敵なデザインやインテリアの家を建てたとしても

そこにお客様の「想い」が無ければ、ただの箱になってしまいます。

一緒に家づくりを楽しんでこそ、家づくりは最高のものに仕上がってきます!!

14年住宅に携わって来て、自分自身が感じる思いでもあります!

 

是非皆さんも一緒に「思い出に残る」家づくりを行っていきましょう!!!!

 

 

では、また次回!!!