もし銀行が倒産したら住宅ローンはどうなる?ペイオフ制度

銀行の倒産が相次いでおります。
日本に住む以上、「ペイオフ」は覚えておきたい制度です。

もし銀行が倒産したら住宅ローンはどうなる?ペイオフ制度

こんにちは、ハウスクラフト アドバイザーの都倉です。

 

 

先日我が家の結婚記念日に人生初のグランピングをしてきました!

 

 

うちはインドアな家族ですが、なかなか楽しかったみたいでよかったと思います(^^)

 

欧米で銀行の経営破綻が話題に

さて、3月10日にアメリカのシリコンバレー銀行が経営破綻し、大きなニュースになりました。(いきなり重い話題)

 

 

 

その後スイスで2番目に大きな銀行である、クレディ・スイスまでもが救済のために買収されました。

 

青山学院の有名なマラソンの監督が多額の損失を受けて怒っていましたね。

 

 

 

 

世界的に大きな不安が広がる中で、

さらに一昨日5月1日にファースト・リパブリック・バンクが経営破綻しました。

 

これは史上2番目の規模みたいですね。

 

 

 

 

日本のような金融緩和も副作用がありますが、

反対に金融引き締めも副作用があるということでいい勉強になりました。

 

 

ここから分かることは、今の状態で金利が上がったら日本は終わってしまうということですね。

 

 

 

そんな中で今まであまり意識はしてきませんでしたが、

住宅ローンを借りているときに、債権者である銀行が倒産した場合はどうなるのかな?

 

 

と思い、調べてみることに。

 

 

 

最近はチャットGTPというAIを駆使し、

アナログ人間なくせにインテリ風を吹かしてイキっております。

 

 

もしもそのうちこのブログに人間味がなくなってきたなと感じたらAIが書いていると思ってください。笑

 

 

 

 

銀行が経営破綻・倒産したら住宅ローンはどうなる?

 

銀行が倒産した時に押さえておきたいポイントとして、「ペイオフ(預金保険制度)」があります。

 

これは1金融機関1預金者あたり、元本1000万までとその利息が保護されるというものです。

 

 

なので貯金は一つの銀行には1000万までにしておかないといけないということですね。

 

 

 

「卵を一つのかごに盛るな」

という投資の格言がありますが、

預金も分散が必要です。

 

 

 

そして、銀行が破綻した際に債務と預金は相殺ができるそうです。

 

 

仮に2000万の預金があり、ローンが1000万円残っていた場合は、

ローンが相殺され、残りの1000万円はペイオフで保護されます。

 

 

 

住宅ローンに関しては、

債権者が変わります。

 

例えばA銀行でローンを組んでいて、倒産したとしても、

その債券(ローン)は同じ内容でB銀行に引き継がれます。

 

 

残念ながらローンはチャラにはならないということですね。笑

 

 

 

 

住宅ローンを借りるときに知っておきたいペイオフ制度のまとめ

ペイオフ制度

ペイオフ(預金保険制度)により、金融機関が倒産した場合でも1人あたり元本1,000万円までとその利息は保護される

債務と預金の相殺

銀行が経営破綻した場合、債務と預金は相殺が可能
2,000万円の預金と住宅ローン1,000万円が残っている銀行が破綻した場合はローンが相殺され残りの1,000万円がペイオフ制度で保護される

住宅ローンの引き継ぎ

住宅ローンを借りている銀行が仮に倒産しても同じ内容で別の銀行に引き継がれるため、負債がチャラになることはない

住宅ローンについて押さえておきたい知識も別の記事にまとめておりますので、ぜひご覧ください。

 

ではまた(‘ω’)ノ

■この記事を書いた人:都倉 謙斗
三重県伊勢市出身。住宅業界に7年携わり、家づくりで多くのご家族の笑顔をつくってきた。
ハウスクラフトへ転職後、これまでの知識を活かし住宅アドバイザーとして「家から始まるワクワクするような毎日」を提案している。

▶スタッフ紹介・プロフィールへ

▶記事一覧へ


=== ハウスクラフトの注文住宅についてもっと知る ===

家づくりのこだわりから、事例・オーナー様の家づくりインタビューなどもプレゼント!
▶無料の家づくりカタログの種類を見る

楽しく家づくりが知れるイベントを多数ご用意!
▶住宅イベント・家づくり相談会情報一覧へ

ハウスクラフトの平屋・戸建てを体感できる!
▶三重のモデルハウス一覧へ

あなたのご希望の日程で、相談や見学ができる!
▶新築相談・来場予約はこちら

<ハウスクラフトとは>
ハウスクラフトは桑名・菰野・四日市・鈴鹿・亀山・津・松阪ほか、三重県北中部を中心にライフスタイルから暮らす人を考えて、素材の持つ美しさとデザイン性に富んだ注文住宅を提供する工務店です。「家づくりを通じて家族の幸せな未来をつくる」といった理念のもと、“想い”と“技術力”を結集させ、お客様と地域に向けて事業を展開しています。その姿勢が評価され、工務店の施工力を評価する工務店グランプリで「三重県No1」「全国7位」の実績にも輝きました。
ハウスクラフトの新築戸建てを常時見学できるモデルハウスとして「津ギャラリー」「菰野ギャラリー」「鈴鹿ガーデン」「芸濃ガーデン」と、打ち合わせ店舗「菰野スタジオ」「鈴鹿スタジオ」の6拠点を設けています。※「総合住宅展示場津ハウジングセンター内モデルハウス」は移転オープン準備中です。