ウィンドウトリートメント

 

 

 

ブログをご覧の皆様こんにちは。
スタイリストの中村です。

 

 

本日は題名の通り、ウィンドウトリートメントのお話を。

 

 

お家づくりを始めるとき
外壁の素材や色、床や壁の色など、
お家の大きな部分からイメージされる方がほとんどだと思いますが、
お家はそれを決めて完成ではありません。よね。

 

 

憧れの家具を購入されて配置したり、窓にはカーテンをつけて…
お気に入りの雑貨やグリーンを飾ったり
ご自身で手を加えながら楽しんでいただくことで
唯一無二の特別なお家が完成します♪

 

 

 

 

 

そこで今日は忘れてはいけないウィンドウトリートメントのお話をします^^

 

まず、ウィンドウトリートメントとは…?
→窓廻りを装飾的に演出すること。
装飾に欠かせないカーテンなどの製品の総称を表します!

 

 

 

皆さんが一番よくご存知な「カーテン」からお話させていただきます。
一般的なカーテンのなかで、
厚地のカーテンを「ドレープ」
薄地のカーテンを「レース」と言います!

 

 

 

 

 

カーテンは柄や生地の種類も多く着脱が簡単なので
洗濯機で簡単にお洗濯していただける点がメリットかなと思います!

あとは、なんと言っても開け閉めが楽ちんですね。
紐や棒を使わずシャーーッ で良いのもメリットの一つだと思います笑

 

しかしながら、開けた時にサイドに布の溜まりができますので
選んでいただく生地によっては少し重い印象になったり
圧迫感が出てしまうというデメリットもあります。

 

 

 

また最近では、遮光・遮熱・防カビ・防炎などさまざまな機能を
備えた生地もあったり、見た目を美しくするための「ヒダ」と呼ばれる部分を
1.5倍ヒダ2ツ山・2倍ヒダ3ツ山にするなど、選ぶこともできます!
ヒダの違いでも随分印象が変わりますので、こだわって頂けるポイントです☆

 

 

 

 

 

形状記憶加工といったヒダを長期的に綺麗に保てる加工もできますので
少し価格が高くなりますが、個人的にはオーダーカーテンをお勧めします^^

 

カーテンをつける上で必ず必要な、
「カーテンレール」も昔だとアルミ製でださくてすぐ壊れるイメージですよね笑
しかし。今時のカーテンレールは、木製でお洒落なデザインもあるんです!

 

 

 

 

 

はたまた、ドレープが室内側でレースが室外側にくるのが一般的なイメージだと思いますが
こちらも「オンレース」と言って室内側にデザイン性の高いレースを
持ってくるのも個性的でお洒落です^^

 

 

 

 

 

 

このように「カーテン」一つでも選ぶポイントはたくさんあります^^
長々と書いてしまいましたが、ぜひカーテン選びの際に参考にしてみてください☆

 

すべてのウィンドウトリートメントをご紹介すると
今日だけでは終わらないのでまたの機会に
別のウィンドウトリートメントのお話もしたいと思います^^

 

 

 

 

それでは、また。