吉久 弘規

床の素材について

こんにちは。

菰野スタジオ、アドバイザーの吉久です。

花粉症の季節が終わったと言われる方が多い中、今から本格的にシーズンが始まるイネ科花粉症の私。

 

さて、本日はハウスクラフトにご来場されるお客様の中で、大変ご要望の多い玄関の素材に関してお話したいと思います。

 

 

ハウスクラフトでは、玄関床材に使う素材として、大きくは「モルタル」と「タイル」がございます。

かれこれ14年住宅のお仕事をさせて頂いておりますが、前職ではタイル以外使ったことはありませんでしたが(そういう仕様しか無かった為)、ハウスクラフトでは多くの方がモルタルの床材をご希望されております。

雰囲気もお洒落で素敵ですし、選ばれる理由も分かります!!!

そこで、今更ですがモルタル床のメリットデメリットを簡単にまとめさせて頂きます!

 

 

メリット

・デザイン性の高さ

・清掃性が高い(手入れが楽)

・暖房器具との相性が良い(蓄熱性がある)

・コストが安い

 

デメリット

・冬場の冷え込み

・ひび割れがしやすい

 

個人的に思うメリットデメリットは以上になります。

この中でも、一番言われるのが冬場の寒さです。

モルタルはどうしても冷たいイメージがありますが、これは間違いありません。

しかし、モルタルには「蓄熱性」もあるため、一度部屋が温まった状態になった時には

熱を蓄えてくれる性能もある為、冬場でも寒さを感じません。

もちろん一度冷えてしまうと、また温めるまでは冷たいままになりますが、モルタルにはそういった二面性がある事は、是非この機会にお伝えしておきたいことです。

その他のデメリットであるひび割れに関しては、モルタルを採用される方はむしろひび割れの

感じがお洒落だと言って頂いている方が多い印象がある為、あまりデメリットになっていないような気もします。

 

 

そんなこんなで、最終的にはお客様がお好みで選ばれれる事になりますが、メリットデメリットを知って頂いた上でお選び頂けると嬉しく思います!!!

 

それでは、また次回!!!