もうすぐ金利が上がる?!

こんにちは、アドバイザーの都倉です。

 

今年は我らが阪神タイガースが優勝しそうですね!

 

ドラ1の佐藤君とバースの誕生日が一緒だとか。

 

バースの再来や!

 

毎年そんなことを言っているのが阪神ファンです。

 

私の娘は春からピカピカの一年生ということですが、
この度ハウスクラフトのHPも新しくリニューアルしております!

 

噂によると朝と夜で背景が変わるとか??

 

是非今後もブログやイベントのチェックをお願いしますね。

 

 

 

さて、今日は久しぶりにみなさんが嫌いなお金のお話をしたいと思います。笑

 

最近の世界の(ほぼアメリカ)動向を見ていると長期金利がどんどん上がって来ています。

「あっちの国だから関係ない」ということは全く持ってありません。

 

https://jp.investing.com/news/economy/article-401188

このニュースを見たのが一か月ほど前ですが、日本の金利も上がってきております。

 

 

このブログを見ている方は、住宅の購入をお考えだと思いますので
金利が上がると良くないと思われるかもしれませんが、
金利が上がるのは悪いことではないですからね。笑

 

 

とは言っても僕も低金利の日本でしか生きたことがないんですが…

 

先に、個人的な結論を言うと、
銀行の住宅ローンの金利にまでは影響は出ないと考えてます。
フラット35はわからないですね。

 

そんなこと言って上がるかもしれませんけどね。w

 

 

そもそも金利とは何ぞやという人のためにすごく簡単に説明すると
銀行というのは短期金利でお金を預かって(銀行に預けて利息が貰えると言われてもピンとこないかもしれませんが)
そのお金を企業などに貸し出して(長期金利)その利ザヤで利益を得ているんですね。

 

つまり今は長期金利が上がってきているので、お金をたくさん借りて事業を拡大していくようなハイテク企業の株価は短期的に下がったりしています。

 

なぜかというと、株でリスクを取るより債券で安全に運用したいと多くの人が考えるからですね。

 

こういうところにチャンスがあったりなかったりします$$$

 

 

 

すぐ脱線するのが、このブログの特徴です。

 

そんなことを言いたいのではなくて、
大事なのはここからです。

 

 

「コロナ後の世界をどう生きていくのか」

 

 

スケールの大きい話に聞こえるかもしれませんが、
他人事として考えていたら、20年後お金がないのを会社や国のせいにすることになってしまいます。

 

 

なのでまずお金の価値について考えていきたいと思います。

 

今回コロナがあり、日本だけではなく世界各国でお金はたくさん刷られました。

 

日本は世界一の借金大国なんて聞いたことがあるかもしれませんが、
日本の借金はいくらになったか分かりますか?

 

 

 

あえて言いませんが。笑

 

ちなみに国民の預貯金は900兆円以上あるみたいですよ。

 

 

半年後とかに腐って無くなってしまえばみんなが使っていいんですけどね!
みなさん、えんとつ町のプペルは見ましたか?

 

 

 

ジャブジャブに刷られたお金は、コロナの給付金に当てられたり、
住宅に関して言えば、グリーン住宅ポイントというのが出たり、ローン減税が3年延長になったりしていますよね。

 

 

「価値」というのは「需要」と「供給」で決まります。

 

なので今までもそうですが、これからお金の価値はどんどん下がっていきます。

 

お金の価値が下がるということは今の諭吉の価値は来年使わずにおいていたらそれ以下の価値になるということです。

 

 

なので、
「投資なんて分からないから怖い!貯金一択よ!」

という思考停止の方は将来大変なことになります。

 

 

実体経済は全く回復していないのに最近日経平均は30年ぶりに3万円までいきました。
みなさん大好きビットコインも1BTCが600万円の価値になりました。
実際、金融緩和や量的緩和でジャブジャブに刷られたお金はどこに流れているかというと、
こういった株式や仮想通貨などのマーケットに流れていることがわかると思います。

 

 

こうやって資産を持っている人と持っていない人の格差はこれからどんどん広がっていくと予想されます。

 

日本は学校でお金の知識を習えないので、世界から置いてけぼりになります。

コロナ前の日本に中国人がたくさん来ていたのを、
「日本が豊かな国だから」
と思っていた人はやばいです。勉強しましょう。笑

 

 

じゃあこれから諭吉の価値はどれだけ下がんねん!と聞こえてきそうですが、

期待インフレ率というものがあって、これはアメリカでは今2.2%です。

 

 

今100万円貯めていても来年には97.8万円になってしまうということです。
ではその翌年は?

 

 

残念ながら日本は物価が上がりません。

 

ですが、ペットボトルは150円で買えなくなったりしていますよね。

この前メルカリで不要な漫画を売ったんですが、当時の定価を見て「あ~昔はこんなに漫画も安かったのか」と思いました。

家の金額もそうです。

もちろん年々物はよくなっていきますが、5年前と今と比べてどこの会社でも坪単価で5万くらいは上がっているのではないでしょうか?

 

 

お金の価値は下がり、税金は上がり、物価は上がらない国に僕たちはいるということは理解しておいた方がよさそうです。

 

 

では、家を買うために頑張って貯金している人はどうなるのでしょうか?

 

結論「すぐさまローンを組んで建てた方がいい」

 

ということになります。

 

そもそも後回しにしていいものなんてないんですね。

「給料上がったらあれやりたい」みたいな。
すぐやるべしです。
一生やらないか給料上がらずにやれないかの人になってしまいます。

 

でもすぐやると給料も上がったりして。

 

また話が脱線してしまいそうなので今日はここまでにしますね。

 

 

 

金利。
上がらなかったらいいですね。笑