冬の大敵『お家での乾燥』と湿度調整について

本日は冬至!!皆さんが健康に新年を迎えられますように!
(写真は本社にあるポッカポカ暖炉です。)

冬の大敵『お家での乾燥』と湿度調整について

皆さん、こんにちは!

菰野スタジオ所属 田代志隆です!!

 

 

本日は、冬至ですね!

ゆず湯に入られた方、カボチャを召し上がられた方

もいらっしゃるかもしれません。

昔から無病息災を願う日という言い伝えもある冬至。

気持ちよく健康に新年を迎えられますように、

皆さん、暖かくしてお過ごしくださいね。

 

 

 

そんな今回のブログは、体調不良の原因となる

『お家での乾燥』についてお話していこうかと思います。

私自身、乾燥肌で、幼い頃から乾燥と戦ってきましたので、

少しでも皆さんにも乾燥対策をお伝えできれば、と思います。

最適な湿度とは??

一般的に私たちが快適に過ごせる部屋の湿度は、

40~60%くらいと言われています。

湿度が40%以下になると、のどの粘膜の防御機能が低下し、

風邪になりやすくなるそうです。

 

 

 

また、インフルエンザのウイルスも

湿度が低くなるほど活発になる性質があります。

インルエンザ予防には、

部屋の湿度を50~60%くらいに保つこと

が効果的だそうです。

 

お部屋の乾燥を知る方法

皆さんのお家に湿度計ってございますでしょうか??

私のお家には、ありません。

恐らく、皆さんのご家庭にも、

湿度計があられる方は少ないかと思います。

 

 

 

そんな方でもお部屋の乾燥具合を知る方法があるんです!

お部屋が乾燥してお肌カサカサ、のどがガラガラ

になる前にぜひお部屋の乾燥を確認、対策ができます。

 

 

 

その方法は、

『コップに付いた水滴から湿度確認をする』やり方です。

氷水を入れたガラスのコップを部屋の中に置いて、

しばらくしてコップの外側に水滴が付けば過ごしやすい湿度です。

水滴が付かなければ、乾燥しているお部屋ということになります。

 

 

 

皆さん、お家の中でジュースやお茶などの飲み物を

飲まれる際には、ついでに簡単に確認できるので、

ぜひやってみてください。

簡単にできる乾燥対策

加湿器がスタンダードではありますが、

各部屋にひとつずつ置くのも難しかったり、

加湿器をお持ちではなかったりしますよね。

 

 

 

私の場合、湯沸かしポットのふたを開けながら

お湯を沸かして、その湯気で加湿する、

というようなズボラな加湿対策をしております(笑)

 

 

 

その他の加湿方法もお伝えします。

 

 

 

①濡れタオルをお部屋に干す

 

②窓を水拭きする(窓に残った水分が蒸発して加湿されます。)

この年末にピッタリな加湿方法です。

お家の窓が綺麗になって加湿までできます。

 

③観葉植物を置く

お部屋をお洒落にもしてくれる観葉植物ですが、

葉の表面から根で吸い上げた水分を蒸発してくれるので、

加湿効果も期待できます。

栽培するなら、水分を多く出してくれる

葉の面積が広いものがおすすめです。

 

観葉植物をご購入をご検討されている方は、

ぜひ『LIFE STYLE SHOP KOMONO』

へお越しください!!!

お役に立ちましたでしょうか??

 

 

 

冬至を過ぎれば、

クリスマス・大晦日・お正月、

と怒涛の年末年始が待っています。

 

 

 

有終の美が飾れるように、

社会人生活1年目の2022年が締めくくれるように、

気合も心も込めて過ごします!!

 

 

では、また~(^^)/