お掃除ロボットの盲点…

こんにちは。

菰野スタジオアドバイザーの福田です。

 

 

先日、我が家である悲劇がおこりました。

我が家のお掃除はお掃除ロボットのルンバ(通称:バー子ちゃん)にお任せしています。

 

朝、出かける前に家具などをバー子ちゃんがお掃除しやすいように、

少しだけ片付けて後はスイッチを押すだけ!

 

家に帰るころには、お家の隅々までピカピカなっています。

 

しかし、そんなバー子ちゃんに悲劇が…

いつも通りスイッチを押すと、少し掃除をしただけで、充電切れのサイン。

 

ちゃんと充電ができていなかったのかな??と思い、

バー子ちゃんを充電器にセットし、翌朝再度使用してみても、充電切れのサイン…。

 

まだ、バー子ちゃんは我が家に来て一年足らず。

寿命がくるには早すぎる…。

何より、バー子ちゃんにお掃除を任せきりにしてきた生活から、

自分たちで掃除機をかける生活に戻ることに恐怖を感じました…。笑

 

 

原因を探る…!

 

 

まずは落ち着いて、症状を公式ホームページで検索…

 

要因を調べると、

①     充電ベース、本体の充電部分の汚れ

②     前輪部に汚れが溜まりすぎたことによる、接触不良

③     バッテリー交換時期

 

の3つが考えられました。

 

 

③のバッテリー交換時期には早すぎる気がしたので、①と②を試すことにしました。

 

まず、①については、充電部分に汚れが付着すると、接触不良となりうまく充電ができなくなるとのこと。

 

そこで、公式ホームページにも書いてあった「メラミンスポンジ」でのお掃除を試してみました!

 

確かに、充電部には汚れが付着しており、メラミンスポンジで軽くこすってあげるときれいになりました!

 

お掃除が終わると、ドキドキしながら充電!!

 

これでは症状は改善されませんでした…泣

 

 

 

驚愕の事実

次に②の前輪部の汚れを確認。

 

ここで驚愕の事実…

 

これまで、ルンバのお掃除は表面を雑巾で拭いてあげるくらいで

特に何もしてきませんでしたが、ルンバをひっくり返してみると

想像以上に汚い…

 

いや、本当に汚い…。

 

ほこりや、髪の毛がかなり溜まっている。

 

今回のお掃除する前輪部分もかなりほこりが溜まって、

動きが悪くなっていました…。

 

バー子ちゃんに申し訳なくなりました…。

 

ルンバやその他のお掃除ロボットを使用していて、お手入れをしたことが無い方は、

すぐにお掃除ロボットを裏返して、裏側を確認してあげてください!

 

 

結局、我が家では、外れる限りのネジを外して隅々まで掃除してあげました。

 

その結果、充電も復活!!バー子ちゃんもきれいに!!!

これまで、かなり負荷をかけて掃除をさせていたな、と反省…。

 

 

普段、お客様とお話をしていても、お掃除ロボットに憧れるお客様が多いように感じます!!

 

お掃除ロボットを利用中の方や、これから利用を検討している方は

ぜひ、お掃除ロボットのメンテナンスもしっかりとしてあげてください!!

 

 

では、今回はこの辺で!!

随時イベントも受付中です!

菰野ギャラリーのご見学されていない方、

ぜひ、お待ちしております\(^o^)/

 

☆イベントのご予約はこちらから☆

■この記事を書いた人:福田 有記
四日市市出身。もともとハウスクラフトで家づくりを行い、大ファンに。
次は自分が『同じ感動を多くの人に伝えていきたい』という想いから転職。
住宅アドバイザーとして菰野で活躍している。

▶スタッフ紹介はこちら

 

======= ハウスクラフトの注文住宅についてもっと知る =======

 

家づくりのこだわりから、事例・オーナー様の家づくりインタビューなどもプレゼント!

▶カタログ請求はこちら

楽しく家づくりが知れる人気のイベントを多数ご用意!

▶イベント情報はこちら

あなたのご都合や希望に合わせて相談や見学ができる!

▶来場予約はこちら

 

<ハウスクラフトとは>

ハウスクラフトは三重県北中部を中心に、ライフスタイルから暮らす人を考えて、素材の持つ美しさとデザイン性に富んだ注文住宅を提供する工務店です。「家づくりを通じて家族の幸せな未来をつくる」といった理念のもと、“想い”と“技術力”を結集させ、お客様と地域に向けて事業を展開しています。その姿勢が評価され、工務店の施工力を評価する工務店グランプリで「三重県No1」「全国7位」の実績にも輝きました。「菰野スタジオ」「鈴鹿スタジオ」「津総合展示場」「ハウスクラフト・ギャラリー」と4つの拠点を設けています。