【新築 戸建て】土地を見るときに注意すること3選

こんにちは、アドバイザーの都倉です。

 

 

我らが阪神タイガース大躍進しております!(3位争い)

 

 

 

超他力本願が叶ってなんとかクライマックスシリーズに行けそうです。

 

 

ありがとうヤクルト。

ありがとうオスナ。

 

みんなでヤクルト1000買いましょう。笑

 

 

 

 

さて、今回は土地のお話をしようと思います。

 

ハウスクラフトではほとんどの方が土地探しからのスタートです。

 

 

土地探しといっても、

新しい分譲地や、

古い在所のポツンと売りに出た土地、

競売物件や、

中古住宅で探して掘り出し物を探したりもします。

 

 

 

「いい土地」の定義は人それぞれです。

 

たとえば今の住まいの横に誰も使えない空き地があったとしたら、

それは他の人には無価値でも、その横に住んでいる人には価値が高いかもしれません。

 

 

 

では、私たち住宅会社目線でいう良い土地はどういうものかというと、

 

「余計な費用が掛からない土地」

 

なのかなぁと思います。

 

 

工事中に想定外の費用が掛かるなんてのもありますしね。

 

 

 

スーパーが近い、学校が近い、駅が近い、呑み屋が近くにたくさんある。

 

などなど人によってことなる部分は今回置いておいて、

「建築コストが安く済む土地」

とはどういったものがあるのか?

 

今回は解説していけたらと思います。

 

 

 

 

これを頭の片隅に入れておくだけで、

見なくていい土地も省けるようになりますから、

スムーズに家づくりが運ぶきっかけになりかもしれません。

 

 

 

それでは、よろしくお願いします(^^)

 

 

 

【新築 戸建て】土地を見るときに注意すること3選

 

まずは結論から。

 

・高低差

・上下水道の有無

・接道

 

 

本日はこちらについてお話をしていきます。

 

 

高低差

 

まずなかなか厄介なのは高低差です。

 

道路から土地が取れだけ上がって(下がって)いるかを見ていきます。

 

 

土地が低いと土を入れて高さを上げないと排水の勾配が取れません。

 

土を買うのも意外に高いんです。

 

 

 

 

土地が高い場合は、階段の段数が増えます。

 

深基礎と言って基礎を高くしたり、

擁壁を積まないといけなかったり、

中にはがけ条例といって家を建てられないケースもあります。

 

 

100万超えのケースもザラにあります。

 

 

 

「土を捨てて低くしたらダメなの?」

と思われるかもしれませんが、

 

次はお隣さんと高低差が出来てしまうことを考えないといけなかったり、

土は捨てるのもすごくお金が掛かるんですね…

 

 

 

なので、高低差は個人的には道路から30cmくらい上がっているくらいがちょうどいいと思います。

 

北道路か南道路かによっても変わりますが。

 

 

 

上下水道の有無

 

これも非常に大事です。

 

水道がなかった場合道路の本管から建築地まで引っ張ってこないといけません。

 

道路の手前側にあるのか、奥側にあるのか、

ましてや前面道路にはなくて、もっと向こうの道路から引っ張ってこないといけないのか。

 

前面道路は市道か県道かなどなど。

 

 

県道の場合はこれまた100万コースの場合もあります。

 

 

 

最近の物価上昇で、こういった工事費もかなり高くなっています。

 

 

 

 

上下水はなるべく引き込まれている土地が理想ですね。

 

 

接道

 

南道路にフツーの家を建てるとカーテン閉めっぱなしの家になります。

 

 

外構で目隠しのフェンスをしようものなら数十万コースです。

 

 

 

北道路なら窓の制約が少なくカッコいいデザインの家が作れます。

 

明るさは設計力でカバー。

 

 

 

 

先ほど出た県道。

 

こちらも注意が必要です。

 

 

基本県道に排水はできません。

 

する場合は雨水の流量計算などが必要になるケースがあります。

 

 

当然お金が掛かります。

 

 

県道は意外に多いので注意してくださいね。

 

 

見分ける方法としては、

グーグルマップを開いて道路に名前が付いていたら県道の可能性が高いです。

 

 

詳しくは市役所に確認ですね。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

「土地は建物よりも先に決めるもの」というイメージがあるかもしれませんが、

 

立地だけで決めてしまうと、

いざ建物を決めるときに「全然予算がない!!」ということになりかねません。

 

 

今回の記事でそういった失敗が少しでも減ればいいなと思います。

 

 

本当は土地を決める前に頼れる建築会社に相談できるといいですね(^^)

 

 

 

ご相談はこちらから承っております。

 

 

 

ではまた(‘ω’)ノ