• 工務店が教える住宅の知識
加納 志穂

自然エネルギーを利用した住宅

こんにちは!
菰野スタジオサポーターの加納です。

 

急に寒くなりましたね。

私の実家は長く建っているため

これからの時期は大変です。

 

前回お伝えした、高気密高断熱住宅

重要だと日々体感しております。

 

今回は、「パッシブデザイン」

についてお話させて頂きます!

自然エネルギーを利用した住宅

パッシブデザインとは、

 

建築に採り入れられる自然エネルギーを最大に生かし、
人が本質的に望む「心地よさ」を生み出すための設計手法のことです。

 

政府により、
2020年までに省エネ基準を全ての新築住宅に義務付ける方針を掲げ、
2030年には新築住宅の平均でネット・ゼロ・エネルギーを目指す計画があります。

 

※ネット・ゼロ・エネルギー:省エネと創エネ効果を組み合わせて、
年間の一次エネルギー消費量を概ねゼロにするという住宅のこと。

やさしい家づくりをあなたに。

カラダにも地球にもやさしく暮らす。

これらが、
パッシブデザインの理念になります。

 

もちろん、ハウスクラフトでも
パッシブデザインに力を入れています。

 

ハウスクラフトのパッシブデザインのことを、
「ソラーナ(SOLANA)」と命名しています。

 

具体例として、

 

・しっかりとした断熱
・空気の漏れをなくす
・日差しを遮る設計
・高性能の窓
・自然風利用
・昼光利用
・日射熱利用暖房

 

など…

 

さらに、そこに太陽光発電を標準搭載しているものを
ソラーナプラス(SOLANA plus)

 

ソラーナプラスは、
上記に記載した2030年基準を満たす、
太陽光発電を標準搭載したエコな住まいです。

 

太陽光だけを利用して発電するため、
石油や石炭といった化石燃料は一切必要ありません。

 

二酸化炭素を排出しないクリーンなエネルギーを創り出せます。

 

ホームページにも「ソラーナプラス(SOLANA plus)
について記載がありますので、ぜひ覗いてみて下さい!

 

 

■この記事を書いた人:加納 志穂
四日市市出身。以前から興味のあった「暮らし」に関わる仕事がしたいと思い、理学療法士から一新、ハウスクラフトへ転職。前職を活かし、「将来を見越した必要性の高い住宅環境」のアドバイスも伝えたいと考える。

▶スタッフ紹介はこちら

 

======= ハウスクラフトの注文住宅についてもっと知る =======

 

家づくりのこだわりから、事例・オーナー様の家づくりインタビューなどもプレゼント!

▶カタログ請求はこちら

楽しく家づくりが知れる人気のイベントを多数ご用意!

▶イベント情報はこちら

あなたのご都合や希望に合わせて相談や見学ができる!

▶来場予約はこちら

 

<ハウスクラフトとは>

ハウスクラフトは三重県北中部を中心に、ライフスタイルから暮らす人を考えて、素材の持つ美しさとデザイン性に富んだ注文住宅を提供する工務店です。「家づくりを通じて家族の幸せな未来をつくる」といった理念のもと、“想い”と“技術力”を結集させ、お客様と地域に向けて事業を展開しています。その姿勢が評価され、工務店の施工力を評価する工務店グランプリで「三重県No1」「全国7位」の実績にも輝きました。「菰野スタジオ」「鈴鹿スタジオ」「津総合展示場」「ハウスクラフト・ギャラリー」と4つの拠点を設けています。