実は家の中って、外よりも危険

こんにちは!

もう秋の気配がただよっています。

落ち葉が落ちていたり、朝晩は少し涼しかったりと

季節の変化を感じる今日この頃です。

 

もう夏が終わってゆくのですね。

 

暑くて暑くて大変な夏ですが、

終わって寒くなるのは

やっぱり寂しい気持ちです(´;ω;`)

 

そして、これから寒くなり冬になってくると

気を付けていただきたい事があります。

 

本日はその事について

書いていこうかなと思っております!

 

 

 

家での事故は外での事故の約5.5倍!?

《ヒートショック》という言葉、

皆様聞いた事はありますか??

 

家づくりを検討している方の中には

聞いた事がある人もいるのでは。

 

 

ヒートショックとは、

気温の変化によって血圧が上下し、

心臓や血管の疾患が起こること。

 

主には家の中で良く起こります。

 

 

そんなヒートショック、

実は外で起きる事故の5.5倍もの割合で

発生しているようです。

 

テレビのニュースなどでは、

外で起きる事故の方が見かける事が多いですが、

見えないところで実はお家の中で

たくさん事故が起こっているという事ですね。

 

…。怖い(´;ω;`)

 

 

 

原因は室内の温度差

ヒートショックの主な原因は

室内での温度差です。

主にお風呂場での事故が多いと言われています。

 

 

《ヒートショックが起こるメカニズム》

ヒートショック、

このようなメカニズムで起こっています。

 

・暖かいリビングから、寒い脱衣所に移動

→血管が収縮し、血圧が急上昇

・そこで服を脱ぐ

・熱々のお風呂に入浴!!!

→血管が拡がって血圧が急降下

 

 

このように室内の温度差がある事で、

体内の血圧が変化し、

心臓に負担がかかってしまい、

最悪の場合発作を起こしてしまう事があります。

 

これから長い年月、

そのお家で暮らす事を考えると

将来とても怖い話ですよね。

 

しっかりとした対策が必要です。

 

 

では、次回はヒートショックを防ぐ方法として

どんなものがあるのか。

解説していきたいと思います(^^)/

 

■この記事を書いた人:塚脇 利奈
伊賀市出身。新卒としてハウスクラフトへ入社後、住宅アドバイザーへ。
ヨガインストラクターの資格を取得するなど幅を広げて活躍する。
▶スタッフ紹介はこちら

 

======= ハウスクラフトの注文住宅についてもっと知る =======

 

家づくりのこだわりから、事例・オーナー様の家づくりインタビューなどもプレゼント!

▶カタログ請求はこちら

楽しく家づくりが知れる人気のイベントを多数ご用意!

▶イベント情報はこちら

あなたのご都合や希望に合わせて相談や見学ができる!

▶来場予約はこちら

 

<ハウスクラフトとは>

ハウスクラフトは三重県北中部を中心に、ライフスタイルから暮らす人を考えて、素材の持つ美しさとデザイン性に富んだ注文住宅を提供する工務店です。「家づくりを通じて家族の幸せな未来をつくる」といった理念のもと、“想い”と“技術力”を結集させ、お客様と地域に向けて事業を展開しています。その姿勢が評価され、工務店の施工力を評価する工務店グランプリで「三重県No1」「全国7位」の実績にも輝きました。「菰野スタジオ」「鈴鹿スタジオ」「津総合展示場」「ハウスクラフト・ギャラリー」と4つの拠点を設けています。