階段について

こんにちは。

菰野スタジオアドバイザーの吉久です。

 

先日会社の方と一緒に、家族で初めてキャンプに行かせて頂きました。

子供達にとっても初めての経験で、とても楽しそうテントを建てたり、バーベキューをしたり

妻は美味しいお肉を食べたりと楽しい時間を過ごせました!!!

 

夏休みもまだまだ始まったばかり!!!全国的にはコロナの患者数も増えている中で

なかなか外出も控えるべき時期かもしれませんが、家にばかりいては子供のストレスも

妻のストレスも爆発してしまいますので、人込みを避けながら夏休みを満喫したいと思います。

世の中の子連れの奥様には大変な時期が来ましたが、パパさんも頑張っています(笑)!!

一緒にこの暑い夏を乗り越えましょう!!!!

 

 

本日は、階段のお話です。

階段って、実は家のプランを考える上で、ものすごく重要だってご存じですか?

階段の位置が変わると二階のプランも変わり、場合によっては外観も変わります。

家の中の雰囲気にも大きく関わるものなので、その辺りのお話を個人的な見解も含めさせて頂きます!!

リビング内?リビング外?

まず初めに、階段の位置についてお話させて頂きます。

 

階段の位置は、大きく2つです。

リビングの外にあるのか、中にあるのか?この二択になります。

これは、どのお客様でも一度は考えた事があるのではないでしょうか?

それぞれの、メリットデメリットをまとめてみました。

 

 

【リビング内階段】

メリット

・外出、帰宅の際に必ず顔を合わせる事が出来る。

・空間が広く取れる。(吹き抜けと組み合わせると、より開放的になる)

・デザインの良い階段ならば、インテリアの一部になる。

 

デメリット

・音や熱が、2階の部屋に逃げやすくなる。

・子供が大きくなった時、友達を家に呼びにくい・・・

・子供の友達が来た時に、必ずリビングを通るのが嫌・・・

 

 

 

【リビング外階段】

メリット

・リビングの音や熱が、2階に逃げない。

・子供の友達、来客があった時にも、顔を合わさなくて良い。

 

デメリット

・子供が帰宅・外出の際に、分からない(分かりにくい)

・廊下の空間が広くなる(場合によっては、廊下が増える)

 

 

 

ここでは代表的なものをピックアップして、記載してみました。

殆どの内容が、メッリトデメリットが裏表の関係にあるのが分かるかと思います。

階段の位置は、まさに表裏一体で両方のメリットを取る事はとても難しいです。

私の自宅はリビング外の階段ですが、個人的にはとても良かったと思っています。

まだ子供も小さい為、友達がきたらLDKで遊んでいますが、年頃になったら部屋にこもると思います。

基本私はリビングで過ごすことが多いので、出来る限り来客の時にも顔を合わせないようにと思いそうしました。

また、夜も遅くまでテレビを見ていたりするので、寝室に音が漏れないのはとても気に入っています。

 

階段の入り口前に扉を付けるなどの対策で、問題点を解決する方法はあるので、それは個別にご相談のあった

お客様に関していつもご案内をさせて頂いております(ここでは割愛を致します。スミマセン)

 

階段位置に関しては、お客様それぞれで考えがある為、どちらが正解という事はありませんが

個人的には本当に半々ぐらいなような気がします。

鉄骨階段の方はリビング内、ボックス階段の方はリビング外が多いような気がします。

次に階段の形状に関して、お話させて頂きます!!

オープン階段?ボックス階段?

次に、階段の形状についてお話させて頂きます。

 

よくある階段の形状としては、鉄骨のプレームで出来たオープン階段(鉄骨階段)と

両サイドが壁で囲まれ、蹴込板もあるボックス階段とがあります。

こちらもメリットデメリットがありますので、それぞれでご紹介させて頂きます。

 

 

【鉄骨階段】

メリット

・デザインとして、お洒落に出来る。

・階段で視線が遮られる心配が無いため、開放的で明るい空間ができる

 

デメリット

・蹴込板がなく、手すりもオープンになっている為小さいお子様がおられる方には注意が必要

(手すりに関しては、落下防止の為ネットを設置する事も可能)

・階段を上り下りする時の、鉄骨の揺れる振動音がする(気にならない方もおられますが・・・)

 

 

 

【ボックス階段】

メリット

・鉄骨階段に比べると、安全性が極めて高い

・階段下など、収納スペースに出来る

 

デメリット

・階段そのものが狭く感じる。

・見た目が普通・・・

・階段の面積分、空間が狭くなる(狭く感じる)

 

 

 

代表的なものとしては、こんなところでしょうか。

私の自宅はボックス階段ですが、階段下を収納にしたことで収納量もあがり良かったと思う反面

廊下に階段がある事もあって、階段周りの狭さを感じる事もあります。

(ただ歩くだけなので、気になる事はありませんが・・・)

いまはもう子供も大きくなったため、オープン階段にしておけば開放的な廊下の空間が出来

人が来た時に目立った空間になったのにな~と思う時もあります!!!

 

 

ハウスクラフトのお客様は、鉄骨階段の方が多い様に思いますが、ボックス階段もございますので

ご安心ください!!お客様が何を求められるかで、いつもご案内するタイプを決めております。

意外と階段だけでも、当初要望されていた内容からお話をする事で変わる事も多いです。

どんな形状が的しているかも、お客様それぞれという事ですね。

 

何を大切にするのか・・・

位置や形状以外にも、まっすぐかUターンか等パターンは沢山あります。

どんなプランにも、メリットやデメリットは必ずあります。

お客様それぞれで、叶えたい要望もそれぞれだと思います。

 

そういった時事で悩んだ時には、原点に立ち返りお客様の大切にするものは何かを考えてみてください。

広さを最優先であれば、オープン階段でリビング内階段が合うと思います。

余すことなく収納にしたい、安全性を考慮したいならボックス階段が合うと思います。

お客様が何を優先にしたいかで、暮らしが変わってきます。

 

暮らしたいイメージに合わせた階段選びを、是非一緒に考えてみませんか?

 

 

それでは、また次回!!!!