ウッドショックとは|木材高騰で注文住宅は高くなる?

こんにちは、から私も含め皆さん
ブログが始まりますけど、大体書いているのは夜です。

こんにちは。(夜)

 

さて、今建築業界はえらいこっちゃです。

みなさんニュースは見られますか?

ニュースではコロナショックならぬオイルショックならぬ、
ウッドショックと表現されていました。

 

これは緊急事態です。。。ざわざわ

木材の価格が大暴騰しております。

まずは材木先物のチャートをどうぞ。

 

 

※先物取引といって金や小麦やコーヒーなども
株のように市場では売買されております。

 

なんとコロナショック時の

最安値250ドルから1300ドルまで上がっております。

ウッドショックになった原因

理由はいくつか挙げられます。

 

まず、アメリカの景気が先に
回復する見込みが立っていることです。

アメリカではワクチンの接種が進んでおり、
今現在国民の30%以上がワクチンを接種している状況です。

60%~70%に達すると集団免疫が達成され、
アメリカは今年の秋にも経済が元に戻ると言われています。

 

それを後押しするかのようにバイデン政権が、
国民1人当たり1400ドル、総額1.9兆ドル(約200兆円)の
追加の経済対策を決めました。(裏山C)

 

すこし前のブログ【もうすぐ金利が上がる?!
でも書きましたが、

今世界ではジャブジャブにお金が刷られ、
インフレ(物の価値が上がる)が起こっています。

 

そしてコロナで金利も安いとなれば、
当然不動産の価値は上がっていきます。

米国では今不動産バブルです。(ハワイに家欲しい)

それが材木の高騰している一番の理由です。(たぶん。)

 

そしてもうひとつ
先月大きなニュースになったスエズ運河の事件。

世界最大級のコンテナ船が強風でスエズ運河を防ぎ
数百隻の船が立ち往生したとのこと。

 

これによって世界の物流がストップし、
いろんな物がすごく値上がりしました。

 

どこに行ってもですが、
これからお家を建てられる方は
間違いなく値上がりします。(ごめんなさい)

最悪現場がストップするような
事態もあるかもしれません。

 

でもだからといって先延ばしにしても、
簡単には価格は下がらないのが世の常。

原油価格もコロナで
一時マイナスの価値まで下がりましたが、
ガソリン価格はちょっとしか下がりませんでしたよね。

 

でも!大変な時代ではありますが、
それ以上の価値を提供し、
少しでも穴埋めできるように
私たちはしていくしかありません!

 

新しい家での家族のテンションが
この材木のように爆上げするような
お家づくりをしていきましょう!

 

がんばるぞー!(‘ω’)ノ