ハウスクラフトのモデルハウスを、実際に見て欲しい理由。平屋も2階も、見比べよう。

人の感性は様々です。

こんにちは。経理の本田です。

 

ここ最近、雨の降り方がすごいですよね。

ゲリラ豪雨と呼ばれていますが、個人的にはサバンナのスコールと変わらないんじゃないかと思っています。

 

 

さて、ここ最近は経理目線のブログが多かったので、ちょっとお金の話から離れてみようと思います。

(本当に最後まで、離れられるか!?)

 

 

こちらの画像、教科書などで一度は見たことがあるかと思います。

初めての方は、どんな絵に見えますか?

 

若い女性?

お婆さん?

 

人それぞれ見え方が違うんですよね。

こちらの画像はどうでしょうか?

  • どちらが大きく見えますか?

  • 平行な線に見えますか?

同じように見えることもあれば、それぞれ違うように感じることもあります。

いかがでしょうか?

 

最初の画像は、人によって見え方が違ったと思います。

 

2つ目は、左側の丸が大きく見えませんか?

 

3つ目は、平行な線のはずですが斜めに見えますよね?

 

 

このようにほとんどの人が同じように見えることもあれば、

人によって見え方が変わることがあります。

 

 

それでは、今日のまとめです。

 

床面積が同じでも、

広く感じることができるお家と、狭く感じるお家があるということです。

 

そして、それは誰にでも当てはまるものと、そうではないものがあるということです。

どう感じるかは、人それぞれです。

 

 

ハウスクラフトのモデルハウスは、実際に建てられることが多いサイズとなっていますので、

お越しいただき、どのように感じられるか体感してください。

 

 

床面積という数字よりも、ご自身の感性を大切にしていただけると嬉しいです。

 

 

なにより、、、不必要な広さは、費用もかかりますし、掃除もたいへん!

(やっぱり、最後はお金の話がでてきましたね。)

 

 

モデルハウスを見比べるとなると、あっち行ったりこっち行ったり・・・移動が大変ですよね。

 

菰野町潤田では、5棟が同じ場所で見学できます。

津市高茶屋では、3棟が同じ場所で見学できます。

 

どちらも、平屋と2階を、見比べることが簡単にできます。

 

菰野町潤田は、グランドオープンしたばかりなので、お早目のご予約がおススメです。

ご予約はこちらからできます。

 

とりあえず、ハウスクラフトの資料を見てみたい方はこちらからどうぞ。

 

それではまたー

『ハウスクラフト菰野ギャラリー』5棟のモデルハウスが三重県菰野町潤田に完成