3.11 家づくりで災害に備える

東日本大震災から11年

今日は、3月11日。

こんにちは!
ハウスクラフトの広報、中根です。

今日という日だからこそ、振り返りたいことを書きます。

 

11年前の今日、2011年3月11日に

東日本大震災が起こりました。

 

 

当時の私は受験が終わり、

テレビの前で大笑いしていて

まさか数分後にすべてのテレビが地震速報に変わるなんて

1ミリも思っていませんでした。

 

 

その8年後2019年に「奇跡の一本松」を見に行き

周りの更地を見渡して、

本当に時間は経っているのか唖然としたことを覚えています。

そのくらい災害というのは一度の衝撃が大きく

新しく生まれ変わるまでに多くの力と時間が必要なんだと思いました。

 

 

災害が起きてしまった事実は変えられませんが、

その事実を受け止めてもしもの備えを今からすることはできます。

 

 

東海エリアはここ何年も大きな地震が来ていません。

「いつ起きてもおかしくない!」

と中学生のころから言われ続けているので

逆に焦らない状況になってしまっています。よくないですね。

 

 

この日をきっかけにご自身や家の防災について

考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

大切な家族を守るお家もないがしろにできません。

今のお家でできること、

これからのお家づくりでできること

たくさんあると思いますので、ぜひこの日をきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

 

 

HPの「住まいのヒント」で防災について

少し触れていますので、参考になれば嬉しいです。

 

 

■この記事を書いた人:中根みく(広報)
愛知県出身。新卒でハウスクラフトへ入社。
現在はHPやSNSの更新を中心に、お家づくりを考えている方へ“ハウスクラフトの情報”をお届けしている。
▶スタッフ紹介はこちら

 

======= ハウスクラフトの注文住宅についてもっと知る =======

 

家づくりのこだわりから、事例・オーナー様の家づくりインタビューなどもプレゼント!

▶カタログ請求はこちら

 

楽しく家づくりが知れるイベントを多数ご用意!

▶イベント情報はこちら

 

あなたのご希望の日程で、相談や見学ができる!

▶来場予約はこちら

 

<ハウスクラフトとは>

ハウスクラフトは三重県北中部を中心に、ライフスタイルから暮らす人を考えて、素材の持つ美しさとデザイン性に富んだ注文住宅を提供する工務店です。「家づくりを通じて家族の幸せな未来をつくる」といった理念のもと、“想い”と“技術力”を結集させ、お客様と地域に向けて事業を展開しています。その姿勢が評価され、工務店の施工力を評価する工務店グランプリで「三重県No1」「全国7位」の実績にも輝きました。「菰野スタジオ」「鈴鹿スタジオ」「津総合展示場」「ハウスクラフト・ギャラリー」と4つの拠点を設けています。