工務だから知れる【配筋検査】

こんにちは!工務の中川です!

 

今回スポーツではなく、BMXです!

BMXとは、小さい自転車です。

実は僕も小学生の時はBMXライダーでした!

小さい時からの知り合いがなんと、

オリンピックでBMXの解説をしているのがビックリ!!

是非、中村リム選手には金メダルをとって貰いたいですね!

 

 

 

では、今回は配筋です!

 

配筋検査とは、鉄筋が正しく配置されているかどうかを確認する検査の事です。

 

 

実際、配筋検査ではどんなことをチェックしているのか?

 

・図面とあっているか。

・配筋が3本以上で結束されていないか。

・防水シートが破れていないか。

・配置寸法の確認。

 

他にも検査項目が多くありますが、

とてもマニアックになってきます。

 

例えば定着筋の施工、かぶり厚さ、補強筋などなど。

言葉だけで難しいですね・・・

 

 

僕の中で配筋検査が一番大変だけど、一番楽しい検査の一つです。

知れば知るほど奥が深い!!

 

僕たちのチェックだけでなく、第三者の方にも検査をしてもらい

指摘があった箇所は、すぐに修正してもらっています。

 

今回は大まかにお話をしましたが、

次回は深くお話をしていきます!!