建売住宅?注文住宅?
あなたにピッタリなのはどっち?

まずは分譲住宅と注文住宅の違いを理解しましょう!

こんにちは!広報の中根です。

このブログをご覧いただいているということは
家づくりをお考えということですね!

 

 

家づくりを始めるキッカケはそれぞれだと思います。

 

・結婚をして新しいお家で暮らし始めたいから
・子どもを授かって、新しいお家で子育てを始めたいから
・子どもが大きくなってアパートが狭くなってきたから
・老後のために段差の少ない家に建て替えたいから

 

などなど、、、。

 

 

そして、マイホームにもいろんな選択肢があります。

注文住宅、建売住宅、マンション、中古住宅、リノベーションなど。

 

 

ここでは、『建売住宅』と『注文住宅』の
メリット・デメリットをお伝えいたしますので、
これからのお家づくりの参考にしていただければと思います。

『建売住宅』のメリット・デメリット

■『建売住宅』のメリット

 

・建物を見てから決めることができる
・契約から入居までのスケジュールが立てやすい
・注文住宅よりも費用がお手頃

 

■『建売住宅』のデメリット

 

・仕様、設備が希望と異なる場合がある
・個性的なデザインを演出できない
・工事の経過を見ることが出来ない

『注文住宅』のメリット・デメリット

■『注文住宅』のメリット

 

・予算に応じて、外観や間取り、仕様などを自由に選べる
・好きなエリアに家が建てられる
・家づくりの過程も楽しめる

 

■『注文住宅』のデメリット

 

・希望の土地がなかなか見つからないことがある
・自由度が高いため、決めることが多い
・分譲住宅と比較すると費用が掛かる

それぞれにメリット・デメリットがあり、
どちらが合うのかは本当に人それぞれです。

 

マイホームは大きな金額の買い物ですので、
まずは分譲住宅と注文住宅の違いを理解して
家づくりをスタートしていただければと思います!

 

 

最後におまけで、中根的にまとめると、、、

『建売住宅』がおすすめなのはこの方

・時間や手間をかけたくない
・自分の目で確認してから決めたい
・早く引越しをして住み始めたい

注文住宅がおすすめなのはこの方

・デザインや素材にこだわりがある
・家づくりの過程を楽しみたい