四日市の分譲住宅上棟しました!熱橋ボルトキャップの役割も紹介

工事の進捗報告になります〜🪵

四日市の分譲住宅上棟しました!熱橋ボルトキャップの役割も紹介

こんにちは!

ハウスクラフト工務部の齋藤です。

 

先日分譲住宅の上棟をさせていただきました。

 

ご近隣の方に晴れてよかったねー。と声をかけていただけたり

お散歩中のご家族が大きいクレーン車をみて喜んでいる姿を見てホッコリ

 

安全第一で作業させていただきました⛑️

 

 

 

 

 

住宅の劣化を防ぐ熱橋ボルトキャップとは

上棟で使用するこの材料についてご紹介します

 

これは熱橋ボルトキャップといいます!

 

 

上棟時に胴差や軒桁にぽこぽこはめこんでいきます

 

この穴には何があるかというと、、、

 

ボルトが締められています!

木材同士をボルトで締めて組み上げていくので

このように木材にバルト穴をあけて締め付けています。

 

つまりここはボルトから熱が伝わりやすいのです。

 

ボルト部分で断熱性能が低下し、結露して

ボルトが錆びたり木材が弱ったりと問題が発生します……。

 

それらを防止するためにボルトキャップを全箇所に取り付けています。

 

 

 

ボルトキャップをはめたら

外部のEXボードを貼って

屋根板を仕上げて

 

上棟完了になります!

 

また工事の進捗報告をさせていただきます( ´ ▽ ` )

 

 

■この記事を書いた人:齋藤 もえ(工務)

三重県鈴鹿市出身。電気設備の設計を経てハウスクラフトへ入社した現場監督。
お客様に寄り添ったお家づくりがしたいという想いで日々仕事に取り組んでいます! お客様と一緒に楽しみながら、安心してお家づくりを任せていただけるように尽力します。

▶スタッフ紹介・プロフィールへ

▶記事一覧へ



=== ハウスクラフトの注文住宅についてもっと知る ===

家づくりのこだわりから、事例・オーナー様の家づくりインタビューなどもプレゼント!
▶無料の家づくりカタログの種類を見る

楽しく家づくりが知れるイベントを多数ご用意!
▶住宅イベント・家づくり相談会情報一覧へ

ハウスクラフトの平屋・戸建てを体感できる!
▶三重のモデルハウス一覧へ

あなたのご希望の日程で、相談や見学ができる!
▶新築相談・来場予約はこちら

<ハウスクラフトとは>
ハウスクラフトは桑名・菰野・四日市・鈴鹿・亀山・津・松阪ほか、三重県北中部を中心にライフスタイルから暮らす人を考えて、素材の持つ美しさとデザイン性に富んだ注文住宅を提供する工務店です。「家づくりを通じて家族の幸せな未来をつくる」といった理念のもと、“想い”と“技術力”を結集させ、お客様と地域に向けて事業を展開しています。その姿勢が評価され、工務店の施工力を評価する工務店グランプリで「三重県No1」「全国7位」の実績にも輝きました。
ハウスクラフトの新築戸建てを常時見学できるモデルハウスとして「総合住宅展示場津ハウジングセンター内モデルハウス」「津ギャラリー」「菰野ギャラリー」「鈴鹿ガーデン」と、打ち合わせ店舗「菰野スタジオ」「鈴鹿スタジオ」の6拠点を設けています。