家の適正価格って、いくら?

学びの大切さ。知らないと損をする!

こんにちは!

経理の本田です。

 

あまりドラマを見ないのですが

「ドラゴン桜」

というドラマを見てました。

 

ご存知ない方のために

ざっくりとまとめると

偏差値40の高校生が東大合格を目指すお話です。

 

ネタバレになるといけないので

詳しくは書きませんが

爽快なお話で

大人になっても

「学び」を続けないといけないな

と改めて思いました。

 

家づくりをされている方、検討されている方

 

ぜひ、家づくりについて

「学び」の時間を作っていただきたいです。

「学び」って、勉強でしょ?苦手だなぁ・・・

そんな方に、楽しくできる無料相談会があります!

 

ご希望・ご要望欄に

気になること・知りたいこと・全く分からないから、一から説明を!

など、ご記入いただけると嬉しいです!!

 

 

 

 

 

家づくりで必要な情報は・・・

さて、家の適正価格っていくらでしょう??

 

答えは、人それぞれです。

と言いたいところですが、今回はもう少し踏み込みます!

 

価値観は人それぞれですが

物の価値を正しく判断するためには

ある程度知識と情報が必要です。

 

例えば、牛肉100グラムの適正価格はいくらでしょう?

普段スーパーで買い物をされている方は

先ほどの家の適正価格より、イメージができるのではないでしょうか?

 

では、

なぜ、家より牛肉100グラムの方がイメージできたのでしょう?

 

身近な商品だから?

 

それだけではありません。

牛肉には「100グラム」という「量」の情報がありました。

 

さらに、国産・アメリカ産といった「原産地」の情報が加わり

「国産の方が高い」という知識があると

さらにイメージしやすくなると思います。

 

このように、情報と知識があると

物の価値を正しく判断することができます。

 

正しい物の価値を知って、自分の価値観とどうか・・・

これが大切です!

 

家で例えると

木材の材質、坪数、設備・・・

たくさんありますので、、、

 

家づくりなんて初めてなのに、こんなこと調べられないよ!

 

これが普通の反応だと思います。

ですので、

楽しくできる無料相談会へぜひお越しください。

 

高い家と安い家、必ず何か違いがあります。

さらに、家づくりは、ただ家を建てることではありませんので、

その違いを知っていただき、納得できる家づくりを楽しくしてくださいね!