ヒノキとホワイトウッド

こんにちは!

乙骨に一本取られたばかりの上田です。(ジャンプオタク)

 

さて、春が近くなってきましたね!

上田家の娘二人は4月1日から保育園に入園します。

時がたつのは早いもので、嬉しくもありさみしくもありますが、子供たちの成長や健康でいてくれることが何よりの幸せです。

 

 

ところが、最近、同じくらいの幸せや喜びを“仕事”をしていて感じました。

どうも子供ができてから涙もろくて仕方ありません。

 

実はこんなことがあって、、、

と記事にすると、まとめることが下手くそな上田では、

「何を言っているのかさっぱりわかりません」状態になりかねないので、

書かないでおきます。笑

 

 

では本題について

 

ヒノキとホワイトウッド それぞれの違いと特徴について

 

実際お客様よりご質問いただきました、内容についてこちらでも書いていこうかなと思います!

【ヒノキ】

☆メリット

・強度・耐久性が高い

→築数百年などの、神社や仏閣などに採用される点から納得の耐久性です。

 

・防蟻効果

→「ヒノキチオール」という成分の作用により、「シロアリ」が嫌います。

他にも防カビ効果もあるので、お風呂などの水回りにも使われることがあります。

 

 

△デメリット

・価格が高い

・水分を含んだり吐いたり(調質効果)があるため、変形の可能性があること。

こちらは対策により解消します。

ハウスクラフトでは「含水率を15%以下」まで乾燥させてから使用します。

含水率とは、木に含まれる水分量のことです。

その含水率が、建築後に最終的に安定する「平衡含水率」が12~13%と言われています。平衡含水率まで落ち着くと、変形が起きなくなります。

なので、20%の状態で建築するよりは、より平衡含水率に近い状態の木材を使用して、建築後の変形量をいかに少なくするか?の対策が必要です。

【ホワイトウッド】

☆メリット

・価格が安い

・加工しやすい、柔らかい

→家具などに使われていることが多いです。

 

△デメリット

・水に弱い

→北欧の寒く、乾燥した地域で育っているため。

 

・虫(シロアリなど)に弱い

→上の地域には、そもそもシロアリがいない。

 

△日本におけるデメリット

・日本では、湿気が多く、白アリがいない場所がありません。

その理由から、木が腐ってしまい、白アリの餌食になってしまいます。

※北欧の地域では乾燥し、白アリがいないので、デメリットにはなりません。

 

 

メリットとデメリットを把握したうえで、

最適な選択ができるようにしたいですね!

 

ではまた!