自分でできる!住まいの便利&アイデア修理術

ハウスクラフトのデザイン住宅|シンプルな家

ちょっとした住まいのトラブルは自分で解決!

長年暮らしていると

大なり小なり住まいのトラブルはつきものです。

「でも、業者さんを呼ぶほどでもないな。」

と、思う時はありませんか。

 

ちょっとした事ならスピーディーに

自分で解決させたいですよね。

 

 

今回は、知っておくとちょっと便利な

『自分でできる!住まいの便利&アイデア修理術』

をご紹介します。

お風呂編|栓の故障を応急処置

お風呂の栓が閉まらない時に活躍するのがビニール袋!

自宅にあるポリ袋やスーパーのレジ袋などどんな袋でも大丈夫です。

 

 

お湯をためる前に風呂栓の所に広げておけば、

水圧でビニールが排水溝に挟まれるイメージで

お湯が流れていくのを防ぐことができます。

 

ゴム栓があれば壊れたものでも

ビニールの上に押し込んで使えますが、

プッシュ式の排水溝などで

栓の代わりになるものが見当たらない時には

意外と使えるアイテムです。

GLAMP(グランプ)|バスルーム

お部屋編|①シール剥がしは温めが基本

接着フックやシールを

指で剥がしていませんか。

 

 

あらかじめドライヤーの温風などで

温めてから剥がすと

思いのほかスムーズに取れて後も残りません。

ぜひ、試してみてください。

シール剥がしは温めが基本

お部屋編|②くすんだ油絵のお手入れ

飾ったままの油絵に

うっすらとほこりがついていたら、

切ったジャガイモをやさしくあてて

細かく丁寧に拭いてみてください。

 

 

拭いたら粉をはらって完了です。

鮮やかな色彩が戻ります。

くすんだ油絵のお手入れ

DIY編|クギの扱い方

短いクギは、割る前の割り箸で

押さえて金づちを使いましょう。

指の届きにくい場所にもしっかり打ち込めます。

 

 

また、柱の目立つクギ穴は、

大きさに合わせて木工用の接着剤をつけた

つまようじや割り箸をさしこみ金づちで叩きます。

打ち込む前に先端に酢をつけておくと

抜けにくくなりしっかり固定できます。

 

 

反対に錆びついて抜けないクギやネジは、

すき間からミシン油を数滴染み込ませてから

クギやネジ頭をアイロンで温めて

数分経つと抜けやすくなります。

DIYのクギの扱い方

ハウスクラフトの家づくりの特徴