パッシブデザインの注文住宅で、夏も冬も快適な生活に!

窓の進化が、お家作りを変える。

こんにちは。

 

11月になり、朝夕は寒くなってきましたね。

寒暖差にやられそうな本田です。

 

さて、今日は、昔と今のお家作りの変化から。

 

日本のお家は、夏を涼しく過ごせるように考えられてきました。

じゃあ冬は?

囲炉裏や、掘り炬燵、火鉢などで暖をとっていました。

いつの時代???笑

 

昔は暖める手段はあっても、冷やす手段がなかったのですね。

 

そう考えると、夏、涼しい家がコンセプトになることも納得ができます。

 

では、今は?

エアコンがあります!

夏も冬も快適です!!

 

次は、、、

電気代を安くしたい!!!

適度な湿度を確保したい!!!

と新たなる欲望が出てきます。

 

電気代を安くするためには、

一度冷やしたり暖めたら、外気温に左右されない工夫が必要です。

1番熱が外気と行き来するのは、窓なんです。

その窓の進化が凄いんです!

 

もちろん窓以外の建材も進化しています。

 

材質はどんどん変わっていきます。

そうなると、お家の設計も変わってきます。

夏は、外の熱を取り込まず、冬は、取り込んだ熱を逃がさないお家づくり

え、それって矛盾してない?

 

夏は、熱を取り込まないのに、

冬は、熱を取り込む??

 

なんか、騙されてない?

 

騙していません!

そんなお家が作れる時代になったのです。

 

パッシブデザインという建築の設計手法の一つで、

建物の構造や材料などの工夫によって熱や空気の流れを制御し、

快適な室内環境をつくり出す手法です。

 

自然の光や日射、風を取り入れる設計により、

エネルギー消費量を抑え、快適な空間を作ることができるというわけです。

 

実際、どんなデザインなの?

気になりません??

 

気になった方は、

来て見て聞いてみてください!

 

津のハウスクラフトギャラリーで、体感できます!

 

お申し込みはこちらからできます。

 

それではまたー

津市高茶屋のモデルハウス|ハウスクラフト・ギャラリー