知っておきたい木材の特徴

こんにちは!工務の中川です!!

 

 

オリンピックも終わり、サッカー日本代表は残念ながら4位に終わりました。

初戦に勝った相手だけにあって、とても悔しいですね。

 

でも!!まだ楽しみは続きます!

来月からは、ワールドカップアジア予選が始まってきます!!

あのベルギー戦の感動をもう一度!!!

 

 

 

では本題へ!

 

今回は、木材についてです!

 

木材には色んな種類がありますが実際どれがいいのか!

 

 

結論、日本の環境で育っているヒノキ、杉をおすすめします!

 

なぜ日本の木材がいいのか?

ヒノキ、杉は皆さん良いイメージはあるかと思います。

 

ただ、日本は雨の降る量が多かったり

高温多湿の国になります。

 

独特の気象条件で育った木材だからこそ、

建築材料として最も適した材料であると言えます。

 

ただ、全部ヒノキや杉にしたらいいと言うわけでもありません。

 

ヒノキには調湿効果があり、水分を吸収し反ったりしてきます。

なので、ヒノキや杉が強いから良いのではく、

適材適所に使われているかが大事になります。

 

最後にこちらの写真は、8年間外に野ざらしにしていた写真です。

右の二つはもう土に帰ろうとしていますね。