ホスピタリティーとは???

こんにちは。

菰野スタジオアドバイザーの吉久です。

皆様GWは、いかがお過ごしでしょうか??

 

私は、前半で親戚の結婚式があり、初めて横浜に降り立ちました!!!

東京都はまた雰囲気が違いますが、すごい栄えたところですね♪

自分がどこを歩いているのか、全く分かりませんでした(笑)

 

そんな中、外国人の方に話しかけられて、全く会話の出来ない私は

携帯に頼りっきりで、何とか内容を伝える事が出来ました(笑)

今は、本当に便利な世の中になりましたね!!!

そして、英語ぐらい出来ないとな・・・と改めて感じた初横浜でした☆

 

さて、本日は久しぶりの結婚式に参加をさせて頂いて感じた

ホスピタリティーについてお話をさせて頂きたいと思います。

 

完全なる私の感想ブログになりますので、ご興味のあるかただけ

ご覧頂ければと思います!!!!

ホスピタリティーって何だろう???

そもそも、ホスピタリティーとは何か??

というところですが、辞書で検索をすると

 

1 心のこもったもてなし。手厚いもてなし。歓待。また、歓待の精神。
2 ⇒異人歓待(いじんかんたい)

(『デジタル大辞泉』小学館)

 

といった意味になります。

要するに「お・も・て・な・し」の事ですね♪

 

ハウスクラフトでも、このホスピタリティーに関してはとても熱心に取り組みをしており

様々な事を行いながら、おもてなし向上に努めております。

 

 

しかしながら、改めて自身がもてなされる側になった時に

おもてなしが、いかにその場の印象を変えるか、今回の結婚式でまじまじと感じました。

 

一つ一つ説明をしているととても長くなるので割愛しますが、

まずはお出迎えとお見送り。

結婚式なので、バラバラに親族が集まってくるので仕方のない事ではありますが

宿泊したホテルでは、とても丁寧に出迎えて頂き、お見送りも多くのスタッフの方に見送られた直後

結婚式会場では、バラバラとスタッフの方がおられ、一人のスタッフの方に出迎えられて

受付に案内をして頂きました。

帰りも特にお見送りをされる事も無く、バスの前に1名スタッフのかたがおられた様な形でした。

特に嫌に思う事は何もなかったですが、受けた印象はホテルのスタッフさんの方がとても好印象でした。

些細な事かもしれませんが、とても大事な事だなと改めて思う出来事でした。

 

実際に式が始まり、式自体はとても素敵で感動的な内容ではありました!!!

皆さん、笑いあり・涙ありの素敵な式ではありました♪

 

そんな式の中で、料理やドリンクを配膳して頂けるスタッフの方々の配慮に

とても感銘を受けた出来事がありました!!!!

息子との出来事だったのですが、大人料理を頼んでいた結果

あまり好きなものが入っておらず、食事を殆ど取らない息子。

その余ったものを、とにかく食べつくす父親(笑)

どこにでも良く起こりそうな場面ではありましたが、配膳して頂くスタッフの方が

息子の好きな食べ物が何かを聞いていたかと思うと

次の料理に時に、息子の料理だけ好きな物の量を増やして提供してくれていました。

気づいた私はお礼を伝えると、笑顔で息子の喜ぶ顔を見守ってくれていました。

ほんの些細な気遣いや気配りで、私自身本当に幸せな気分になった結婚式の一幕でした。

 

そのスタッフの方が気づいてくださったのかは分かりませんが

そういったおもてなしの出来る人がいる事にとても感動し

自分ならそんなことができるかと、自分自身を見つめ直す機会にもなりました。

 

普段お客様をもてなす側である為、自分自身で接客を受ける機会も多くはありませんが

改めて一つ一つの行動を見直し、自分自身もお客様に感動を与えられる人間でありたいと思う

GWの貴重な経験の機会となりました。

最高のホスピタリティーを目指して

改めて今回の経験を通じて、ホスピタリティーというものを考えるきっかけを頂きました。

 

普段当たり前に行っている事や、当たり前にいる場所も

もっと改善出来る余地があるように感じました。

 

そして、その体験そのものが、そこで感じられる感動につながっているのだと

痛感させられる出来事でした。

 

「家づくりを通じて、家族の幸せな未来を作る」

そして「家づくりを最高の思い出にする」

その思いでいつもご案内をさせて頂いている私達ではありますが

まだまだ、発展途上だと思いました。

まだまだ、出来る事はあるはずです。

 

一組一組のお客様に、今の自分の最大限の出来る事を提供していく。

私達の目指すホスピタリティーは、そんなところにあるように思いました。

自分もそんな感動を与える事の出来る人でありたいと思います♪

 

 

最後になりますが、皆様GWを大切な方と大切な時間を過ごしてください☆

 

 

それでは、また次回(^O^)/

■この記事を書いた人:吉久 弘規
大阪府吹田市出身。趣味はパンづくり。家づくりに長年携わり、よりお客様に寄り添った家づくりをしたいという気持ちからハウスクラフトへ転職。自身も家づくりの経験があり、家づくりに関する幅広い知識を活かしたアドバイスをお客様へお伝えしている。

▶スタッフ紹介はこちら

 

======= ハウスクラフトの注文住宅についてもっと知る =======

 

家づくりのこだわりから、事例・オーナー様の家づくりインタビューなどもプレゼント!

▶カタログ請求はこちら

楽しく家づくりが知れる人気のイベントを多数ご用意!

▶イベント情報はこちら

あなたのご都合や希望に合わせて相談や見学ができる!

▶来場予約はこちら

 

<ハウスクラフトとは>

ハウスクラフトは三重県北中部を中心に、ライフスタイルから暮らす人を考えて、素材の持つ美しさとデザイン性に富んだ注文住宅を提供する工務店です。「家づくりを通じて家族の幸せな未来をつくる」といった理念のもと、“想い”と“技術力”を結集させ、お客様と地域に向けて事業を展開しています。その姿勢が評価され、工務店の施工力を評価する工務店グランプリで「三重県No1」「全国7位」の実績にも輝きました。「菰野スタジオ」「鈴鹿スタジオ」「津総合展示場」「ハウスクラフト・ギャラリー」と4つの拠点を設けています。