身近にあるもので、植物のお手入れ

切り花を長持ちさせたい方へ

「プレゼントでもらったお花を長持ちさせたい」

と思う方も多いのではないでしょうか?

 

簡単に切り花を長持ちさせる方法がありますので、

ぜひお伝えする方法を試していただければと思います!

切り花を長持ちさせる方法

まずは、水やりの基本

水の吸い上げを促進させ

雑菌の繁殖を押さえる事でお花は長持ちします。

 

夏場は毎日、朝夕2回、

水を替えるたびに吸い口(切り口)をカットすることが大事です。

切り花を長持ちさせる5つのポイント

切り花を長持ちさせるためには

次の5つのポイントに注意しましょう。

 

・日光の当たらない場所に飾る
・涼しい場所に飾る
・エアコンの風に当たらない場所に置くこと
・購入するときつぼみの固いものを選ぶ
・水を毎日取り替える
(そのとき切り口を1センチほど切り直す)

花を長く飾って楽しむ

1.花を飾る準備

まずは「もらった状態の花束の写真」を写真撮影しておきましょう。

そして、ラッピングやリボンを取り、花だけの状態にします。
輪ゴムを外して、水中で茎を切り、花瓶の大きさや水の量に合わせて下の葉を取ります。
家に花瓶が無い場合は、家にある器で花を飾りましょう。

 

2.長期的に保存する

切り花の寿命は花の種類や状態によっても変わりますが、

花束を半永久的に保存したい場合は、

吊るして自然乾燥やシリカゲルを使ったドライフラワーにしたり、

厚みと重さのある本を使った押し花などがあります。

【 ちょっとした豆知識 】観葉植物のお手入れ方法

  • ■ 葉っぱのお手入れ方法

    観葉植物は葉が命なので、牛乳につけて絞った布で拭いてみてください。ツヤツヤになって、葉っぱの栄養補給も出来ます。

  • ■ 意外と身近にある肥料

    化学肥料を使わず、米のとぎ汁や茶ガラですくすくと育ちます。雑草は、茹で汁の熱湯や塩水が除草剤にもなって枯れてしまいます。

ハウスクラフトの家づくりの特徴