タイルを学びに ‐モザイクタイルミュージアムへ‐

みなさん
こんにちは!こんばんは!

 

 

 

昨晩は急に寒くなりましたが、本日は天気も良くなり
最高のGWお出かけ日和ですね✨

 

 

 

 

 

四日市市にあるモデルハウスのイベントも
残すところあと1日となりました!

 

 

 

沢山の方にモデルハウスを見ていただけて、
貸してくださったお施主様には本当に感謝が尽きません。
ありがとうございます!

 

 

 

 

 

こちらのお客様はアクセントで洗面とキッチンにタイルを使用しておりまして、
これがまたとても良いです。

 

 

 

 

昔から使われてきているタイル。
そして今でも愛されているタイルを知ろうということで、
タイルミュージアムに行ってきました。

 

 

 

 

歴史をさかのぼれば、タイルは6世紀ごろに
仏教伝来と共に「塼」という形で入ってきたそうです。

 

 

 

 

装飾に使われていたそうですがあまり普及はしておらず、

 

「敷瓦」という床材に使われるやきものが主に使われていたそうです。

 

 

 

そこから「本業タイル」という
タイルが1900年前後から入り始め、
洗面や、お風呂などで使われてきたという事です。

 

 

 

 

今でも少し古い家屋にはタイルを使用したお風呂や、
銭湯にもタイルを使われていることが多いと思います。

 

 

 

 

時を経てヒビや割れ・欠けはあったり、
タイルとタイルの隙間に入っているコーキングが悪くなってしまったりと
汚く見えてしまう部分もありますが、何十年と経過しても色の鮮やかさや、強度も変わらない
タイルは汚れにも強いという事で、外壁にも使われております。

 

 

 

 

今では形も様々出ており、
色味も本当に沢山の種類がありますので、
是非お家のアクセントで使用して頂ければと思います。

 

 

 

 

 

タイルミュージアムにはキッチンに使用されてタイルの窯や、
昔のタイルの製造の様子などが見れるムービーなど見ることができて
タイルの良さを改めて感じることができました。

 

 

 

 

多治見市にタイルミュージアムはありますので、
気になる方は是非遊びに行ってみてください✨

モザイクタイルミュージアム

■この記事を書いた人:山田 英典
鈴鹿市出身。ブライダルスタッフとして活躍後、住宅アドバイザーとしてハウスクラフトへ。
トレードマークは蝶ネクタイ。お客様へ笑顔を届けるべく「ご家族に寄り添う最高に素敵な家」を提案している。
▶スタッフ紹介はこちら

 

======= ハウスクラフトの注文住宅についてもっと知る =======

 

家づくりのこだわりから、事例・オーナー様の家づくりインタビューなどもプレゼント!

▶カタログ請求はこちら

楽しく家づくりが知れる人気のイベントを多数ご用意!

▶イベント情報はこちら

あなたのご都合や希望に合わせて相談や見学ができる!

▶来場予約はこちら

 

<ハウスクラフトとは>

ハウスクラフトは三重県北中部を中心に、ライフスタイルから暮らす人を考えて、素材の持つ美しさとデザイン性に富んだ注文住宅を提供する工務店です。「家づくりを通じて家族の幸せな未来をつくる」といった理念のもと、“想い”と“技術力”を結集させ、お客様と地域に向けて事業を展開しています。その姿勢が評価され、工務店の施工力を評価する工務店グランプリで「三重県No1」「全国7位」の実績にも輝きました。「菰野スタジオ」「鈴鹿スタジオ」「津総合展示場」「ハウスクラフト・ギャラリー」と4つの拠点を設けています。