森下博視

設計森下博視

生年月日 1977年2月25日
出身地 愛知県春日井市
血液型 AB型

わたしの仕事内容

お客様に対してプランのご提案と、
図面をしっかりとした建物にするための、構造計算などの設計業務をしています。

現場の楽しさと大切さを知る

前職に勤めていた時、当時大工をしていた遠藤社長に出会いました。現場ではウッドデッキを作ったり、基礎の手伝いをしたりなど、体を使ってものをつくることの楽しさを知りました。

 

また、現場に行くからこそ学ぶことが多く、机上ではわからないことを教えていただきました。プランを描く際には現場を知ることがいかに大事かを学び、それからは現場を第一に考えるようになりました。そして、お客様の家を設計することに責任を持つべきだと思い、一級建築士の資格を取りました。

これまでに培ったスキルを、社内育成に役立てる

ハウスクラフトの設計士としてだけでなく、建築士「森下博視」として、社外で自分の力を試しています。会社のブランドに頼ることなく、いかにご家族の暮らしに寄り添ったプランをご提案できるのか、自分のプランスキルを上げるためです。

 

そして、そこで積んだ経験を社内に伝え、社内設計部のスキル向上を目指しています。

周りの人を大事に

『仕事は一人でやっていない』ということを大切にしています。私たちが仕事を出来ているのは、広報やアドバイザーがお客様との出会いをつくってくれているからですし、設計後はスタイリストや工務、業者さんが形にしてくれます。家が完成するまでには、いろんな人の協力があってこそです。つながりがあって私たちの出番が来るので、常に尊敬の気持ちを忘れないようにしています。
これからも周りの人を大事にしていきます。

皆様の想いは私が形にしてみせます!

日々の暮らしの中で、ふとした時にうまれる「和らぎ」を大切にしています。

住まい手ごとに異なる多様な価値観を整理し共有を行い、
暮らしの中に落とし込むことで、
住まい手にとって心和らぐ空間を創造していきます。

暮らしの中にある1つ1つの和らぎが、
住まい手をより豊かな心にさせてくれると考えております。

他のスタッフを見る