入社してから1年ちょっとが経ちました。

え、違う国?!

2月に入り、「もう春だー!春物の季節だー!」と、

思いながらまだまだ寒いですね( ;∀;)

 

みなさんお元気ですか??

タイトルで書かせて頂いた通り、今月で入社して1年と2か月が経ちました。

 

時間って早い。。。

 

前職がアパレルだったこともあり、

入社当時はすべてがわからないことだらけで、

まずはメートルからミリの呼び方に慣れるところからスタート。

 

現場では職人さんの言ってる言葉がわからなさ過ぎて、

「ちょっと、違う国なのかな?ここは。」と思うくらいでした( ;∀;)

 

お客様との「繋がり」

そんな中でハウスクラフトの皆さんや

現場の職人さんに助けて頂きながら、

一年が過ぎたわけなのですが、

 

工務ってアドバイザーやスタイリストに比べると

お客様と関わる機会って少なくて。

 

工務がお客様と会う機会は基本的に

 

①仕様の最終打合せ
②地鎮祭
③上棟
④現場打合せ
⑤お施主様検査
⑥お引渡し

 

の計6回で、工務がメインというよりかは

アドバイザー、スタイリストさんも一緒にいるのでみんなの会というか

そんな感じです。

注文住宅のお引き渡し式

大事にしたいこと

お客様と会う機会が少なくても

工務として自分が大事にしたいことは

安心して完成を待っていただけるような工事管理です。

 

人間、わからないものや知らないことに対して、

少なからず不安や恐怖を感じる生き物です。

 

建築業界の方でない限り、工事のことって知らないことばかりだと思います。

自分も全く知りませんでした。

 

そこをできるだけ無くして、安心して任せて頂けるように工事の進捗やご相談など

頻繁にしていけたらなと思っております。

 

これからも頑張ります(^▽^)/

 

注文住宅の現場監督