#03 陽だまりで過ごす あたたかい家。

好きなテイストをお家のあちこちに散りばめた、天然木の優しさとやわらかな光が心地よい、“これがしたい!”を叶えた住まいです。

「一緒に家づくりができる」と信頼して決めました。

お家を新築しようと思ったきっかけ

いつかは我が家を持ちたいと考えていました。これまではアパートで暮らしていましたが、まず暗いところが好きではありませんでした。光が届かず、室内が暗い雰囲気になるので気分が落ち込みます。キッチンは狭く、つくった料理を置くところがありませんでした。

家づくりをはじめて、まずは住宅展示場に行きました。そこでお家のイメージを掴んでから、妻の友人に「こういう工務店があるよ」とハウスクラフトさんを紹介していただきました。その後、ハウスクラフトさんへ直接電話しました。最初は、「取り合えス、ハウスクラフトさんに話を聞きに行こうかな」という軽い気持ちで行きました。そこで菰野の本社スタジオに家族で行ったのが初めての出会いになりました。

ハウスクラフトに決めたきっかけ

ハウスクラフトさんに決めたのは、担当スタッフさんの人柄です。「この人となら一緒に家づくりができる」と信頼して決めました。人は大事だと思います。親身になって相談も乗ってくれました。

モデルハウスでの印象

お家づくりをする上で、何件かハウスクラフトさんのモデルハウスや住宅見学会にも行きました。自分たちの理想とする家のインテリアはほぼほぼ固まっていたのですが、何かの参考にできれば良いと思って見に行っていました。そのインテリアを見て、気に入った部分を取り入れたところもいくつかあります。例えば、電気のスイッチや扉の色、リビングのアクセントとして施した天然木のアクセントウォールも、モデルハウスで見たものを取り入れました。

建築家のプランを見たとき

建築家の先生にいただいた図面を見た時は、「こうきたか!」という印象を受けました。わたしたちの想像をはるかに超えるものだったからです。わたしたちの中でも「北側の道路だから、こっちに玄関きて…」とか、「こっちにキッチンがくるだろう」とか、間取りの想像はしていました。でも、いい意味で裏切られたというか、とても満足する間取りが出来上がっていました。生活動線から、全部が本当に想像以上で、最良の住まいが完成しました。

実際に暮らしてみて

キッチンは家事動線も良く、とても使いやすいです。食事をつくりながら部屋全体を見渡せるところがお気に入りです。実際に暮らしてみて、「ここをこうしたらよかったな」と思うところはありません。引っ越してから数カ月で自分のものになったという感じですね。違和感やとまどいもなかったのは、わたしたちが想い描いていたもの、そのものだったからだと思います。

ハウスクラフトの施工事例

ハウスクラフトで家づくりを検討している人に向けて

自分たちの想像以上のものができあがると思います。わたしたちが実際にそれを体験したからこそ言えることです。自分がこうしたいと思ったことで、諦めることがひとつもなかったので、信頼して任せて大丈夫だと思います。わたしたちにとって、自慢できるお家になりました。