スタッフインタビュー

上山 芙実

FUMI KAMIYAMA

2016年入社(新卒)
愛知県名古屋市出身

プレス(広報)

ハウスクラフトでの仕事

ハウスクラフトをより多くの方に知っていただき、ご共感いただけるよう販促物全般の作成を行っています。
お客様へのレター作成やホームページの更新の他、お家の見学会が開催される時にはチラシの作成を主にしています。時にはボールペンのような小さなものから、横断幕といった大きなものまでハウスクラフトという会社をあらゆるデザインでカタチにしています。

色鉛筆やカラーペン。紙面を彩ることが好きだった。

大学では建築とインテリアを学びました。ですが、子どもの頃から絵を描くことが好きで、画家になりたいだとか、イラストレーターになりたいだとか、とにかく紙面上に表す何かが好きでした。大学在学中も、もちろん建築とインテリアはおもしろいと感じていましたが、何よりもおもしろいと思ったのはそれらをプレゼンするための資料づくり。イラストレーターやフォトショップを利用した資料作成は、今までになかった可能性を感じさせ、どんどん魅力に没頭していきました。

「理想の会社だ」と思った第一印象

自分の好きなことだけでなく、学校で学んだことも活かしていきたいと思い、大手ハウスメーカーから就職活動を始めました。そこから建築パースを取り扱う会社、広告やホームページを作成する会社など、デザインに特化した会社を探しては説明会に足を運びました。初めてハウスクラフトという会社を知った時は「わたしが思う理想の会社だ!」と思いました。

事業内容、経営理念、そしてデザイン性。全てにわくわくしたことを覚えています。そして何よりも「成長できそう。」と思いました。生まれてから一度も親元を離れたことがなかった不安性のわたしが、一人暮らしをしてでも入社したいと思えた会社だったのです。

つまずくことも多かったはじめての仕事

当時、学校で学んだことが強みだと思い、設計職を希望していましたが、フォトショップとイラストレーターを使用できるということで、広報に選ばれました。子どものころから紙面を彩ることが好きだったわたし。やはり好きという想いが行きつく所はここだったんだと思いました。

わたしの仕事はまず、直属の上司のお手伝いから始まりました。学校でイラストレーターなどを学んでいたとはいえ、操作でわからないことが多くあり、仕事をしながら学んでいくというカタチであらゆる制作を進めました。
そんな中でわたしが最初につまづいた所がハウスクラフト「らしさ」をどうカタチに出していくかでした。どの企業にもそれぞれ会社のカラーといった、「らしさ」があるのですが、わたしはその感覚を掴めず、ただ自分の好みに合わせて制作を行っていました。

しかし、経験を重ねる中で上司や先輩方のお話を聞き、実際の仕事現場を体感して、自分自身がハウスクラフト色に染まることでお客様に伝えていきたい部分や、「らしさ」を確実に掴むことができたように思います。
紙面上だけでなく、ボールペンやタンブラー、紙袋、横断幕などあらゆるもののデザインを任せていただきました。ハウスクラフトのカラーに仕上げることが今はとても楽しく、もっと多くの方にハウスクラフトを知っていただきたいという想いで仕事に取り組んでいます。

学ぶことばかり。広報は知るほど奥が深かった。

イラストレーターやフォトショップなどのソフトを使ってデザインをするだけが広報の仕事ではありません。時にはチラシ作成のためにお家の写真を撮りにカメラを手に脚立に上ったり、時にはカタログ作成のためにスタッフの皆さんに話を聞いて回ることもあります。

ハウスクラフトを広告するために何かを作る、ということは初めて聞く仕様であろうと、建築用語であろうと、誰よりも詳しく知り、尚且つそれを見る側の人のことも考えなければなりません。これが広報では面白いところでもあり難しいところでもあると思います。

新卒一年目で多くを任せてもらった喜び。

 入社してたった一年の間でチラシを何枚作り、カタログに何度頭を悩ませたかわかりません。それぐらい多くのことを任せていただきました。広告物は、お客様とハウスクラフトの最初の接点でもあります。だからこそ、それを任せていただけるというのは責任の大きいものであると同時に、信頼してもらっているという喜びややりがいでもあります。

今後は、技術をさらにあげて、その物を実際に手に取ったお客様のことを考えられるようになりたいです。ハウスクラフトの家でどんな暮らしができるのか。人に伝えるという技術をさらに上げていきたいです。